小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 施設案内 の中の 文化施設 の中の 平櫛田中彫刻美術館 

更新日:2015年5月21日

作成部署:地域振興部 文化スポーツ課

日本近代彫刻界の巨匠、平櫛田中(文化勲章受章者、小平市名誉市民)の終えんの館を保存し、広く市民の皆様に公開するため、昭和59年10月に開館した施設です。

平櫛田中彫刻美術館

芸術の真髄にふれる

 平櫛田中彫刻美術館は、日本近代彫刻界の巨匠、彫刻家平櫛田中(文化勲章受章者、小平市名誉市民)の終えんの館を保存し、広く市民の皆様に公開するため、昭和59年10月に開館しました。その後、平成6年2月に、貴重な木彫作品を展示、保存するため展示館を新築し、2館併設の美術館として現在に至っています。

 記念館では、四季折々の花が咲く素敵な庭園も鑑賞できます。

 田中翁の生前の生活を思いやり、親しんでいただくとともに、作品、庭園を鑑賞する中で、平櫛田中芸術の真髄を味わっていただきたいと願っています。

施設概要

敷地面積:1798.72平方メートル

建築面積:368.84平方メートル(記念館)、 781.02平方メートル(展示館)

所在地:小平市学園西町1-7-5

記念館について

 方形の大きな屋根を特徴とする和風建築です。国立能楽堂の設計で知られる建築家大江宏氏の設計で、昭和44年田中翁98歳のときに建てられ、別名「九十八叟院(そういん)」とも呼ばれています。

庭園について

 田中翁が慈しんだ庭園には、四季折々の花が咲き、訪れる人の目を和ませてくれます。

(1月)つばき、梅 (2月)梅、福寿草、さんしゅゆ (3月)白もくれん、桃、じんちょうげ、ぼけ、すみれ (4月)ぼたん、かいどう (5月)しゃくやく、すずらん、はなみずき、しで桜 (6月)しゃら、あじさい (7月)姫くちなし (8月)むくげ (10月)つわぶき (12月)さざんか

利用案内

開館時間

午前10時~午後4時

※なるべく午後3時30分までに入館してください。

観覧料

一般 300円(220円)

小・中学生 150円(110円)

※(  )内は団体20人以上

※特別展の観覧料は、その都度決定します。

※当館はぐるっとパスに参加しています。

ぐるっとパスの詳細については、下記のホームページをご覧ください。

>>財団法人東京都歴史文化財団ホームページへ(外部リンク)

休館日

火曜日(ただし、祝日にあたるときはその翌日)

年末年始(12月27日~1月5日)

※このほか、展示替えの作業のための臨時休館日があります。詳しくはお問い合わせください。

交通

西武多摩湖線「一橋学園駅」南口徒歩10分

西武国分寺線「鷹の台駅」から玉川上水を散策しながら約20分

JR武蔵野線「新小平駅」タクシー5分

JR・西武「国分寺駅」タクシー5分

※お車でご来館の方はご相談ください。

問合せ

平櫛田中彫刻美術館

TEL&FAX:042-341-0098

井原市立田中美術館

田中は、明治5年6月30日、岡山県井原市に生まれました。井原市にも田中の美術館があります。 >>※岡山県井原市立田中美術館のホームページへ(外部リンク)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0045 小平市学園西町1-7-5
平櫛田中彫刻美術館
電話・Fax:042(341)0098

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所1階
文化スポーツ課平櫛田中彫刻美術館担当
電話:042(346)9501
Fax:042(346)9575

このページの先頭へ