小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の みどり・環境 の中の 環境 の中の 生活 の中の 受動喫煙防止対策

更新日:2007年9月26日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

平成15年5月1日に健康増進法が施行され「多数のものが利用する施設の管理者は受動喫煙を防止するための必要な措置を講ずるよう努めなければならない」となりました。(法第25条)


小平市でも健康増進法が施行され1年が経過し、市役所などの公共施設などにおいて禁煙や分煙を実施してきておりますが、市内の事業所や飲食店等の皆様につきましても受動喫煙防止対策にご理解ご協力をお願いいたします。


受動喫煙とは

受動喫煙とは「室内またはこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること」と定義されています。


受動喫煙による健康への悪影響とは

受動喫煙により流涙、鼻閉、頭痛などの諸症状を引き起こすほか、呼吸や心拍にも悪影響を及ぼすことがわかっています。

また、国際がん研究機関では、発がん性の最も強い物質の一つとしてたばこを上げています。

さらに、たばこを吸わない妊婦も受動喫煙により低体重児を出産する率が高まるという研究報告があります。


受動喫煙を防止する方法について

受動喫煙防止の方法には、2つあります。


1.最も安く効果の高い受動喫煙対策は屋内禁煙

 費用がかからず、必要なら屋外に喫煙コーナーを設けるだけですので、屋内禁煙をおすすめします。


2.次善の策は排気装置を使った分煙です。

 建物内に喫煙場所として喫煙室または喫煙コーナーを設け、それ以外の場所は禁煙とします。


分煙のポイント

  • たばこの煙や臭いを非喫煙場所にもらさない。
  • 煙と臭いをできる限り屋外に排出する。
  • 快適な環境を維持するよう、空気の流れを調整する。

なお、空気清浄機・分煙機はたばこの煙の有害物質のほとんどが素通りするため、受動喫煙対策には役に立たないといわれています。


どちらの方法をとるかは、施設の規模や構造、それと利用者のニーズに対応していく必要があります。

また、全面禁煙と分煙のいずれの場合でも、来客者等にその旨を知らせて理解と協力を求める等の措置をとるとともに、特に、分煙においては、禁煙場所と喫煙場所との表示を明確にする必要があります。


小平市では受動喫煙防止を多くの市民や在勤の方々に理解していただくため、健康課で実施する各種健康診査、妊婦や乳幼児健診、その他講演会や健康相談などに際して受動喫煙による健康への悪影響について説明していきます。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ