トップ > 子ども・教育 > 子どもの健康 > 食事レシピ集 > 子どもの食事Q&A:食の安全について

子どもの食事Q&A:食の安全について

更新日: 2015年(平成27年)8月21日  作成部署:子ども家庭部 保育課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

中国産は農薬がすごいと聞いたことがありますが、どこ産のものはさけたほうがよいのでしょうか。

 食品の産地表示を確認しましょう。JAS法では、生鮮食品と特定の加工食品の原産地表示が義務付けられています。生鮮食品とは、野菜果物などの農産物や、肉や卵などの畜産物、魚や貝などの水産物で加工してないものです。購入する時は、原産地表示を確認しましょう。

 どこの国の物なら安全とは言い難く、やはり国産の物が1番安心と思います。小平市のように地場野菜が身近に売られているところではぜひ利用しましょう。

 平成14年から15年にかけて中国野菜から基準値以上の農薬が検出され、騒がれました。特に冷凍野菜は中国産の物が多いので気になるところです。

 平成15年5月に「改正食品衛生法」と関連法が成立しました。基準を超える残留農薬を含んだ食品を輸入した業者に営業処分できる規定と健康食品の誇大広告禁止措置などが盛り込まれ、食品衛生法の目的に「食品の安全確保のため」と「国民の健康保護を図る」という文言が入りました。

 しかし、輸入食品については、モニタリング検査のため結果が出る前に市場に出回ってしまうため、残留が認められていない抗生物質が検出された養殖エビが出回ったり、基準値以上の抗生物質が残留した養殖鮭が見つかっています。


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

保育課栄養指導担当

電話:042-346-9594

FAX:042-346-9200

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る