小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 財政・行財政改革 の中の 財政事情・計画 の中の 平成16年度財政事情の公表

更新日:2007年10月1日

作成部署:企画政策部 財政課

 市では、市民の皆さまに市の財政状況を毎年9月と11月に公表しています。
 今回は平成16年度の財政状況全般についてお知らせします。

歳入・歳出の状況

 平成16年度の一般会計の決算額は、歳入が547億8,721万1,000円で、前年度に比べ、33億6,301万2,000円、6.5%の増となり、歳出は534億5,566万6,000円で、前年度に比べ、37億602万6,000円、7.4%の増となり、差引額13億3,154万5,000円を平成17年度へ繰り越しました(図1)・(表2)。


 なお、市債の借り換え分を除くと、前年度に比べ、歳入が8億9,668万8,000円、1.8%の減となり、歳出は5億5,367万4,000円、1.1%の減となりました(表2)。また、主な事業の決算状況は表1のとおりです。


 一般会計と国民健康保険事業、老人保健、介護保険事業、下水道事業、受託水道事業の特別会計5事業の合計では、歳入927億1,798万3,000円、歳出906億1,821万2,000円となり、前年度と比べると、歳入4.1%の増、歳出3.9%の増となりました(表2)。


図1:平成16年度一般会計 歳入・歳出款別構成

 一般会計は、市民の皆さんに納めていただいた市税を中心に、国や東京都からの支出金、市債などを財源として、公共事業、福祉事業など行政運営の基本的な経費を計上しています。


表1:平成16年度主要事業の概要


表2:平成16年度 一般会計・特別会計5事業の決算状況

 特別会計とは、特定の事業・資金などについて、特別の必要がある場合(法律で特に定めるものを含む)に、一般会計から区別してその収支を別個に経理する会計をいいます。

※( )内は、市債借款分を除いた数字です。

 (単位:千円)

表1:平成16年度主要事業の概要
○明日に向かう夢と希望のあるまち(コミュニティ・文化・教育)  
小川町二丁目地区地域センター・併設児童館の建設(設計・地盤調査) 415万円
市民活動支援事業の実施(市民活動センター準備室経費等) 113万円
学校施設の整備・改修 3,292万円
耐震補強設計・工事(改修含む)の実施 2億7,580万円
大型調理機器の買い替え(学校給食センター全自動炊飯ライン) 6,173万円
小学校図書の充実 1,713万円
心身障害学級の増設(九小) 532万円
小学校英語体験活動の推進 151万円
学童農園事業の推進(小学校15校) 375万円
中央公園陸上競技場の四種公認取得(競技場改修工事) 1,614万円
萩山公園プールシャワーの温水化 257万円
青少年センター事業の実施 1,102万円
平櫛田中館開館20周年記念特別展の開催 607万円
○さわやかな朝がむかえられる潤いのあるまち(居住環境整備)  
屋上緑化事業の推進 40万円
玉川上水緑道(喜平橋~小金井橋)の照明設置 1,609万円
消防・防災体制の充実 756万円
安全・安心まちづくりの推進 537万円
環境美化推進モデル事業の実施 83万円
環境基本計画の推進 87万円
自転車駐車場用地の購入 3億2,919万円
交通安全施設の整備 2,880万円
公共下水道雨水整備の推進 4億1,931万円
生ごみ肥料化モデル事業の実施 36万円
ごみ減量化・資源化事業の推進 2,127万円
○健康でいきいきとした暮らしのあるまち(保健福祉・産業振興)  
ルネこだいらのバリアフリー化 546万円
高齢者実施調査・介護保険サービス実態調査の実施 98万円
福祉会館耐震補強設計の実施 368万円
老人保健(医療)重複・頻回受信者訪問事業の実施 237万円
小平市次世代育成支援対策行動計画の策定 448万円
子ども家庭支援センター事業の実施 2,999万円
乳幼児コーナーの整備(小川西町地域センター、小川西町中宿地域センター) 62万円
保育園延長保育の推進 416万円
幼稚園アットホーム事業の拡充 200万円
歯科保険事業の拡充(歯科相談、歯科医療連携事業、成人歯科検診事業) 281万円
薬事相談の実施 90万円
健康教育等事業の充実 73万円
農業振興事業の実施 2,068万円
商業振興事業の実施 1,887万円
消費生活相談の拡充 77万円
○個性的で豊かな表情をもつまち(都市基盤整備)  
小川町一丁目土地区画整理事業の実施 7,712万円
花小金井駅北口都市基盤整備事業の実施 10億6,392万円
住居表示整備事業の推進 209万円
コミュニティバスの試行運行 2,863万円
都市防災総合推進事業(都市計画道路3・4・10号線の整備) 2億8,631万円
道路整備事業の実施 1億4,272万円
○計画の推進体制  
男女平等推進事業の実施 219万円
(仮称)小平市第三次長期総合計画の策定 765万円
電子自治体共同運営の推進 184万円
庁舎議場放送設備の改修 2,044万円
東部市民センター移転事業の実施 1億2,947万円
表2:平成16年度 一般会計・特別会計5事業の決算状況(単位:千円)
会計名称 平成16年度歳入決算額 平成15年度歳入決算額 増減率(%) 平成16年度歳出決算額 平成15年度歳出決算額 増減率(%)
一般会計 (50,165,511)
54,787,211
(51,062,199)
51,424,199
(△1.8)
6.5
(48,833,966)
53,455,666
(49,387,640)
49,749,640
(△1.1)
7.4
国民健康保険事業 13,172,918 12,880,191 2.3 12,828,078 12,774,313 0.4
老人保健 11,004,004 11,209,679 △1.8 10,966,206 11,227,639 △2.3
介護保険事業 6,615,567 6,153,408 7.5 6,351,468 6,105,336 4
下水道事業 5,688,221 5,794,017 △1.8 5,556,772 5,736,749 △3.0
受託水道事業 1,450,022 1,613,813 △10.1 1,450,022 1,613,813 △10.1
合計 (88,096,283)
92,717,983
(88,713,307)
89,075,307
(△0.7)
4.1
(85,996,512)
90,618,212
(86,845,490)
87,207,490
(△1.0)
3.9

市税負担の概況

 平成16年度に市民の皆さんから納めていただいた市税の合計額は、267億5,453万円で前年度に比べて、2.3%の増となりました。市民1人当たりの市税負担額は約14万9,000円となっています。これに対し、市が行った事業に要した経費は市民1人当たりにすると約29万8,000円となっています。また、決算1万円の使い道は図2のとおりです。


図2:決算10,000円はこのように使われました

※この図は、平成16年度一般会計歳出決算額を1万円に換算して、事業別に表したものです。


市の財産・市債・一時借入金の状況

≪市の財産≫

 庁舎、保育園、小・中学校などの建物や土地、債権および市の貯金である基金などの状況は図3のとおりです。


図3:市有財産の状況


≪市債≫

 学校や下水道など公共施設を整備するために、国・東京都、金融機関などから長期にわたり資金を借り入れていますが、この借入金を市債といいます。平成16年度に新たに借り入れた市債は表3のとおりです。


 平成16年度末の市債現在高は、一般会計と下水道事業特別会計を合わせて685億6,918万8,000円で前年度に比べ12億3,684万2,000円、1.7%の減となっています。この市債現在高を市民1人当たりでみると約38万円となります。


表3:平成16年度に新たに借り入れた市債の状況

※借換分4,621,700千円を除く。

 (単位:千円)


≪土地開発公社≫

 市の事業を円滑に進めるため、主に市に先行して必要な用地を取得することを目的として設立された団体を土地開発公社といいます。


 土地開発公社が用地を取得するための借入金は、平成16年度末で27億4,390万円となっています。市では、平成13年に策定した土地開発公社健全化計画に基づき、公社が長期にわたり保有している用地の買い取りを積極的に進めています。なお、借入金は前年度比で1億7,940万円の増となりました。


≪一時借入金≫

 年度内に一時的に資金が不足した場合に借り入れを行いますが、平成16年度はありませんでした。


平成16年度決算の特徴

 まず歳入については、市税が企業収益の好調さを背景に市民税法人税割が増となったことにより7年ぶりの増収となりました。また、借り換えなどによる市債の増、生活保護費国庫補助金の増などによる国庫支出金の増があり、一方で市税収入増を反映して地方交付税は減となりました。


 また、歳出については、生活保護措置費、児童手当などの増、国民健康保険事業特別会計への繰出金の増などにより民生費が増、借り換えの実施により公債費が増となりました。一方で小川町二丁目地区地域センター用地購入費の皆減に伴い総務費が減、小平消防署小川出張所用地購入費の皆減に伴い消防費が減となりました。


 性質別では、福祉関係の経費である扶助費、借入金の返済経費である公債費、特別会計への繰出金が増となる一方、事業終了により工事や用地購入の経費である普通建設費が減となっています。


 また、財政構造の弾力性を測る比率として使われる経常収支比率は、93.7%となり、昨年より3.0ポイント悪化しました。これは、退職者の増による人件費の増、特別会計への繰出金の増などによるものです。


 市の歳入の根幹である市税は景気に左右されることもあり、依然厳しい財政状況といわざるをえません。今後もよりいっそうの行財政改革が必要となってきます。


 市では、依然として厳しい社会経済情勢にあることから、平成14年12月に「第3次行財政改革推進プラン」を策定しました。これに基づき、施策の見直し・受益者負担の適正化など、よりいっそうの行財政改革を推進することにより、今後とも財政運営の健全化に努めてまいります。

表3:平成16年度に新たに借り入れた市債の状況(単位:千円)
種別 借入額
一般会計債
自転車駐車場用地
246,000
一般会計債
都市防災総合推進事業
133,400
一般会計債
都市計画道路3・4・16号線整備
137,300
一般会計債
市道第D-75号線整備
34,000
一般会計債
市道第D-77号線ほか3路線整備
58,300
一般会計債
都市計画道路3・4・16号線整備(平成15年度繰越明許分)
48,400
一般会計債
市道第D-75号線整備(平成15年度繰越明許分)
48,800
一般会計債
第十五小学校大規模改造・耐震補強
57,100
一般会計債
第五中学校耐震補強・大規模改造
43,700
一般会計債
花小金井図書館改築
43,000
一般会計債
学校給食センター設備
45,100
一般会計債
※減税補てん債
391,000
一般会計債
臨時財政対策債
2,349,700
一般会計債
3,635,800
下水道債 400,900

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所2階
財政課
電話:042-346-9504

このページの先頭へ