トップ > 市政情報 > 財政・行財政改革 > 公共施設マネジメント > 施設の適正な計画修繕のあり方

施設の適正な計画修繕のあり方

更新日: 2013年(平成25年)10月9日  作成部署:企画政策部 公共施設マネジメント課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 市内に設置されている公共施設を適正に維持するとともに長寿命化を図るうえで、施設の維持水準や優先度などの考え方と、それに基づく具体的な取組みについてまとめました。

策定の経緯

 市では、平成11年度に「小平市公共施設予防保全計画調査報告書」を策定し、予防保全の観点から、施設ごとに必要とされる修繕の内容や必要経費について大局的に示しました。しかしながら、そこで示されている経費は市の財政状況と乖離した内容となってしまったため、市の財政状況に見合った、実効性のある新たな保全計画がもとめられていました。

平成19年3月に策定した行財政再構築プランにおいて、施設の適正な維持管理や施設にかかる生涯費用の削減等を図ることを目的に検討を行い「施設の適正な計画修繕のあり方」を策定しました。

内容

 市内には数多くの公共施設があり、市民へのサービスが提供されたり、地域での活動拠点として活用されています。

そうした公共施設の多くが老朽化しており、建替えや補修の必要な施設が増えています。

今後、施設を適正に維持するとともに長寿命化を図るうえで、施設の維持水準や優先度などの考え方を明確にすることで、予算化等における意思決定の標準の明確化を図ります。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

公共施設マネジメント課施設マネジメント担当

電話:042-346-9557

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください