小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 防犯・防災・交通 の中の 交通 の中の 交通安全 の中の 自転車TSマークと高額賠償事例

更新日:2017年10月4日

作成部署:都市開発部 交通対策課

自転車TSマーク(賠償責任・傷害保険付普通自転車点検済証)を貼り付けておけば、万が一、自転車運転中に交通事故の加害者となって被害者から賠償請求された場合でも限度額の範囲で補償することができます。

第一種TSマーク(青マーク)

第二種TSマーク(赤マーク)

 自転車は便利な乗り物ですが、ルールを無視した乗り方をすれば事故を起こしかねません。最近では自転車の事故が増え、相手にケガをさせてしまい、高額な損害賠償を請求される事例が増えています。万が一の時に備えて自転車にはTSマークを貼りましょう。

 「TSマーク」をご存知ですか?TSマークとは、年に1回、自転車安全整備店で点検・整備をうけるとそのしるしとして自転車に貼付されるシールのことです。TSマークは、その自転車が点検・整備を受けた「安全な普通自転車」の証となるばかりでなく、人にケガをさせた場合の「賠償責任保険」と自分自身が自転車事故でケガをした場合の「傷害保険」がセットされていることの証のシールです。

 TSマークにセットされている保険の有効期限は、点検・整備を受けた日から1年間で、期限きたら再度、点検・整備を受ければ更新ができます。

 「TSマーク」はマークが貼付された自転車に対して保険がセットされますので、自転車の所有者に限らず、自転車を借りた家族、友人、自転車を譲り受けた人でも特別の手続きをとることなく、保険の対象となります。

 最近、自転車相互、自転車と歩行者の事故が増加し、高額な損害賠償事例も増加しています。

 自分が加害者になってしまったときのため、自分が自転車でケガをしてしまったときのため、年1回、自転車の点検・整備を受けて「TSマーク」を貼りましょう。

 TSマークは2種類あり、それぞれセットされている保険の内容が異なります。

 詳しくは「自転車安全整備店」のマークがある自転車安全整備店へご相談ください。

最近の高額賠償事例

 

・小学5年の男子児童が下り坂を走行中、散歩していた60代女性と衝突し、転倒した女性は意識不明の重体。(損害賠償額 9,500万円)

・高校2年の男子が、登校時に猛スピードで下り坂を走行中、高齢者と接触し、高齢者は転倒して死亡。(損害賠償額 1,054万円)

・高校1年の女子が、道路の右側を走行中に対向してきた主婦の自転車と接触し、主婦は転倒、後日死亡。(損害賠償額 2,650万円)

賠償責任保険

死亡・重度後遺障害(1~7級)

※赤色TSマークの場合の限度額 5,000万円

 平成29年10月1日以降に普通自転車の整備を行い、赤色TSマークを貼付した場合の限度額 1億円

※青色TSマークの場合の限度額 1,000万円

傷害保険

 ※赤色TSマークの場合

 入院15日以上(一律)10万円

 死亡・重度後遺障害(1~4級)(一律)100万円

 ※青色TSマークの場合

 入院15日以上(一律)1万円

 死亡・重度後遺障害(1~4級)(一律)30万円

被害者見舞金

※赤色TSマークのみ

 入院15日以上の怪我をさせた相手方に支払い (一律)10万円

※TSマークはお近くの自転車安全整備店へ

※保険の有効期限は点検整備の日から一年間です

※TSマーク付帯保険は、TSマークを貼付した自転車が対象です


問合せ先

財団法人 日本交通管理技術協会 電話03(3260)3621

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所4階
交通対策課交通安全担当
電話:042-346-9827
Fax:042-346-9513

このページの先頭へ