小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 市長室 の中の 汗かき活動日誌 の中の 市長の活動日誌(平成24年2月)(2)

更新日:2012年2月9日

作成部署:企画政策部 秘書広報課

2月の活動の一部を紹介します


2月5日(日曜) こだいら市民駅伝大会

こだいら市民駅伝実行委員会主催「第32回こだいら市民駅伝大会」が行われ、4区間12.4キロメートルに145チーム、580人の選手が健脚を競いました。参加チームの増加に対応するため、今回から一般・中学の女子の部、シニアA・Bの部が午前9時15分にスタート、一般・中学の男子の部が午前10時15分スタートと、二組に分かれることになりました。またストップウォッチなどでは記録の計測が間に合わなくなり、自動計測装置が採用されました。


2月5日(日曜) 小平市県人会連合会総会

福祉会館市民ホールで小平市県人会連合会総会・懇親会が開催されました。県人会の連合組織は他市にはあまりないとのことですが、小平市の県人会連合会は、青森・秋田・岩手・栃木・長野・新潟・福島・山梨県の八つの県で構成されています。

2月5日(日曜) 多摩六都ヤングダンスフェスティバル

多摩北部都市広域行政圏協議会主催による第五回多摩六都ヤングダンスフェスティバルが、ルネこだいら大ホールを会場に開催されました。出場者は全員高校生で、小平高校、小平南高校、白梅学園など、多摩六都(清瀬市、小平市、東村山市、東久留米市、西東京市)の15校が出場しました。高校生が多かったので、構成市は5市しかないのに、なぜ多摩六都というのかという話を、しばらくぶりにしました。田無市と保谷市が合併してから、もう11年になります。


2月6日(月曜) 受賞者表敬訪問

創価高校2年の井戸川直人さんが、科学技術振興機構賞を受賞し、表敬訪問に来てくれました。トゲアリについての研究が対象で、5月にアメリカで開催される国際学生科学技術フェアに参加することが決まり、英語での発表をするために忙しい日々をすごしているとのことです。ひとつのことに打ち込んでいる若者の姿を見ていると、すがすがしい気持ちになります。


※これより前の2月分の活動は、「市長の活動日誌(平成24年2月)(1)」から見ることができます。これより後の2月分の活動は、「市長の活動日誌(平成24年2月)(3)、(4)」から見ることができます。[/

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
秘書広報課秘書担当
電話:042-346-9502
Fax:042-346-9605

このページの先頭へ