小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 事業者向け の中の 入札・契約 の中の 小平市公共工事の中間前払金制度の導入

更新日:2016年1月12日

作成部署:総務部 契約検査課

市では、長引く景気低迷を受けて困窮する市内中小事業者の資金繰りを円滑に行うため、受注者の施工途中の資金の追加投入の選択肢として、現行の「前払金制度」を拡大して、「中間前払金制度」を導入します。


1 内容

前払金をした公共工事に要する経費について、契約金額の2割を超えない範囲内で、3,000万円を限度として中間前金払を行うことができます。


2 対象要件

以下の全ての要件を満たしていることが要件となります。

(1)工期の2分の1を経過していること

(2)工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている対象工事に係る作業が行われていること

(3)既に行われた対象工事に係る作業に要する経費が契約金額の2分の1

以上の額に相当するものであること


3 手続き

上記要件を満たしており、中間前払金の請求をする際は、認定請求書(別記様式第1号)に工事履行報告書(別記様式第2号)を添付して請求してください。調査後、中間前払金の認定を行うときは、中間前払金に係る認定通知書(別記様式第3号)により通知します。

 ※中間前払金の請求には、保証事業会社と保証契約を締結する必要があります。


4 実施時期

平成24年4月1日


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
契約検査課契約担当
電話:042-346-9517
Fax:042-346-9518

このページの先頭へ