小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 市長室 の中の 汗かき活動日誌 の中の 市長の活動日誌(平成24年10月)(1)

更新日:2012年11月12日

作成部署:企画政策部 秘書広報課

10月の活動の一部を紹介します


10月1日(月曜) 秋季宿泊研修

小平市社会福祉協力委員の秋季宿泊研修は、栃木県にある老人保健施設ヴィラフォーレスタ(森の家)や、児童自立支援施設である国立きぬ川学院などを視察します。研修に参加し、日頃、地域住民の方のために頑張っていただいている皆様と交流や意見交換ができ、中身の濃い2日間をすごすことができました。


10月4日(木曜) フレーム切手贈呈式

日本郵便東京支社が小平市制50周年を記念して、「現在の小平市」と「昔の小平市」の2種類のオリジナルフレーム切手を作成し、贈呈式が行われました。1シート(80円切手10枚)の価格は1200円で、市内18局の郵便局で販売をしています。

10月6日(土曜) スタンプラリー昼食会

一橋大学小平国際キャンパスには、放送大学や小平国際学生宿舎など、いくつかの施設があります。新たに学生宿舎に入寮する留学生を対象に、小平国際交流協会が、一橋学園駅周辺の商店街の協力のもと、スタンプラリーを企画しました。午前中はボランティアの皆様が留学生を商店街に案内し、午後からは昼食会が行われます。地元のボランティアと留学生の交流は、とても大切なことです。


10月6日(土曜) 市民協働講演会

市制施行50周年事業が、次々と開催されています。市民活動まちづくりシンポジウム実行委員会主催の講演会が、みんなで創る「ずっと住みたいまち」小平という題で開催されました。基調講演を日本NPOセンター代表理事の早瀬昇さんと、白梅学園大学学長の汐見稔幸さんがつとめ、その後、講師の二人がそれぞれの分科会をおこないます。自治という言葉のもつ意味を、たくさんの人々が考えてくれることを願います。


※この続きの10月分の活動は、「市長の活動日誌(平成24年10月)(2)、(3)、(4)、(5)、(6)、(7)、(8)、(9)、(10)」から見ることができます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
秘書広報課秘書担当
電話:042-346-9502
Fax:042-346-9605

このページの先頭へ