トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 交通安全 > 自転車事故の多くは交差点で発生しております

自転車事故の多くは交差点で発生しております

更新日: 2013年(平成25年)11月20日  作成部署:都市開発部 交通対策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

小平市内は、交通事故での自転車の占める割合が約4割と多摩26市の中でも多い傾向にあります。
 このコラムは、広く市民の方に自転車に関することを知ってもらうため、市報に不定期連載された1回目の内容です。市報に掲載の都度順次ホームページでも公開していきます。

自転車での事故が多く発生しています

 小平市内は、平坦な道路が多く、自転車は身近な交通手段として利用されております。

 しかしながら、自転車のルール違反による事故も発生しており、交通弱者である歩行者の安全などをより一層確保していく必要があることから、不定期で自転車の交通安全について連載をしていきます。今回は市内の自転車事故状況を紹介いたします。

 東京都青少年治安対策本部の調べでは、平成25年9月末までに市内で発生した交通人身事故は489件であり、自転車が関与しているものは全体の約4割を占め、交差点での出合頭の事故が多くなっています。

自転車も自動車と同じ車両の仲間です。交差点での徐行や一時停止などの安全確認と予測運転で自転車事故を減らしましょう


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

交通対策課交通安全担当

電話:042-346-9827

FAX:042-346-9513

警視庁小平警察署 交通課 042(343)0110

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る