小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 財政・行財政改革 の中の 行政評価 の中の 小平市の行政評価について

更新日:2017年10月16日

作成部署:企画政策部 政策課

 小平市では、行財政改革の一環として、行政評価に取り組んでいます。

行政評価制度とは

 市が実施している事業については、毎年度見直しや改善が図られていますが、統一的に評価・検証する手法は確立されていませんでした。そこで、「行政評価」という手法が注目されるようになり、現在、全国の多くの自治体で導入されています。

 小平市の行政評価は、平成19年度に平成18年度の「事務事業評価」を開始し、平成20年度からは「施策評価」も加えた2段階で実施しており、これらの評価結果をもとに事業の見直しや改善、再編につなげていくことをねらいとしています。



事務事業評価・施策評価

事務事業評価

 事務事業評価は、原則として、予算書に計上されている事業を単位として行っています。事務事業評価票は、事業の目的(何を対象に、どういう状態にしたいか)を明らかにしたうえで、活動目標に対する達成状況、コストの推移などを数値化して客観的に示しています。

 


施策評価

 施策評価は、施策レベルの視点という切り口から、各施策における現状と課題、今後の展開方向、各年度における実績や成果などを明らかにしています。

 なお、平成25年度の施策評価から、「中期的な施策の取組方針・実行プログラム」の目標期間と合わせるため、平成25年度から平成28年度までを評価の期間としています。

 また、施策評価の単位について、平成24年度までは「こだいら21世紀構想(小平市第三次長期総合計画基本構想)」に示されている施策体系の「小項目」を原則としていましたが、平成25年度からは「中項目」を原則とした評価に変更しています。



※各年度の評価結果は、『小平市の行政評価―施策評価票及び事務事業評価票―』として発行しています。内容については、下記リンク先でご覧になれます。

 また、市役所1階市政資料コーナー、図書館、公民館、東部・西部出張所、市民活動支援センターで閲覧できるほか、市役所1階市政資料コーナーで販売しています。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
政策課政策担当
電話:042-346-9503
Fax:042-346-9513

このページの先頭へ