トップ > くらし・手続き・税 > 上下水道 > 下水道の経営・計画 > 社会資本総合整備計画(公共下水道事業)の公表について

社会資本総合整備計画(公共下水道事業)の公表について

更新日: 2018年(平成30年)3月12日  作成部署:環境部 下水道課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

社会資本整備総合交付金について


 社会資本整備総合交付金とは、国土交通省所管の個別補助金を一つの交付金に原則統合し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年3月に創設されました。

 地方公共団体は交付金の支援を受けることにより、(1)交通の安全の確保とその円滑化、(2)経済基盤の強化、(3)生活環境の保全、(4)都市環境の改善、(5)国土の保全と開発、(6)住生活の安定の確保及び向上、といった政策目的をより効果的に実現することができます。

 また、個別補助金では不可能であった、基幹事業に関連する事業やソフト事業に対して国費の充当が可能となり、費用対効果を高めることができます。

 さらに、平成25年2月からは、社会資本整備総合交付金の目標のうち、命と暮らしを守るインフラ再構築または生活空間の安全確保に資するものに限る対策については、防災・安全交付金が創設されました。


社会資本総合整備計画について


 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を行う場合には、計画期間内(おおむね3~5年間)での目標及び定量的指標、実施箇所を示した社会資本総合整備計画書(以下「整備計画書」という)を作成し、国土交通大臣に提出するとともに公表することとなっています。

 小平市では、下水道事業に関する整備計画書を以下のとおり作成し、事業を実施しています。

小平市公共下水道事業に係る社会資本総合整備計画一覧
計画名 交付金名 計画期間 主な内容
安心して暮らせるまちづくり 社会資本整備総合交付金 平成23年度~平成26年度 汚水管きょ整備、雨水管きょ整備、地震対策、老朽化対策
重要な管きょの耐震化事業(復興基本方針関連(全国防災)) 社会資本整備総合交付金(全国防災) 平成23年度 地震対策
小平市公共下水道事業の整備 社会資本整備総合交付金 平成26年度~平成29年度 汚水管きょ整備、雨水管きょ整備
小平市公共下水道事業の防災・安全対策 防災・安全交付金 平成26年度~平成29年度 地震対策、老朽化対策
下水道整備による小平市の安全・安心な暮らしの推進(防災・安全)(重点計画) 防災・安全交付金 平成30年度~平成32年度 雨水管きょ整備、地震対策(マンホールトイレ設置)
小平市公共下水道事業の防災・安全対策(第2期)(防災・安全) 防災・安全交付金 平成30年度~平成32年度 老朽化対策、地震対策(耐震診断調査)

社会資本総合整備計画の事後評価結果の公表について


 社会資本整備総合交付金の交付期間の終了時には、要素事業の進捗状況、事業効果の発現状況、評価指標の目標値の実現状況、今後の方針について事後評価を行い、国土交通大臣に提出するとともに公表することとなっています。

 小平市では、これまでに交付期間が終了した社会資本総合整備計画「安心して暮らせるまちづくり」及び「重要な管きょの耐震化事業(復興基本方針関連(全国防災))」について、事後評価を行いましたので、その結果について添付ファイルのとおり公表いたします。

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

下水道課計画担当

電話:042-346-9560

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください