トップ > ごみ・環境 > 環境 > 公害 > アスベスト含有建築物解体工事の届出について

アスベスト含有建築物解体工事の届出について

更新日: 2018年(平成30年)3月23日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 石綿(アスベスト)を含有する吹付け材、保温材、断熱材などの建材を使用する建築物や工作物を解体する際には、下記のとおり届出が必要となります。

建築物の解体・改修の前に

 平成17年7月から、石綿障害予防規則に基づき、建築物の解体・改修を行うときは、あらかじめアスベストの使用の有無を調査しなければなりません。

 アスベストの使用が明らかになったときは、分析調査を実施し、0.1%以上の含有があれば、法律・条例に準じた届出及び工事を実施しなければなりません。

アスベストの除去工事を実施するとき

 大気汚染防止法及び都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)、石綿障害予防規則(石綿則)に基づく届出を行う必要があります。

 大気汚染防止法および環境確保条例は、アスベストの飛散防止対策の更なる強化と人の健康被害防止を図るため、両法令が改正され、平成26年6月1日に施行されました。

 詳しくは、下記の「東京都アスベスト情報サイト」および「大気汚染防止法・環境確保条例 変更点リーフレット」をご覧ください。

東京都アスベスト情報サイト(東京都環境局公式サイト)(外部リンク)をご覧ください。

 届出用紙は添付ファイルからダウンロードしてください。( 大気汚染防止法改正に伴い、平成26年6月1日届出分より届出義務者が、施工者から発注者等へ変更になりました。)

届出窓口

 多摩地域(八王子市以外の市)における届出窓口は、平成21年4月1日より次のようになっています。

1 届出窓口(23区、八王子市、町村の変更はありません)
工事の場所 工事の対象・規模 届出窓口
小平市
(その他の市を含む)
延べ面積が2,000平方メートル未満の建築物

小平市環境政策課


(各市の環境主管課)
小平市
(その他の市を含む)
延べ面積が2,000平方メートル以上の建築物、すべての工作物

東京都多摩環境事務所
環境改善課
八王子市 すべての工事 八王子市環境部環境保全課
特別(23)区 すべての工事 各区の環境主管課
西多摩郡の町村 すべての工事 東京都多摩環境事務所
環境改善課
島しょの町村 すべての工事 東京都環境局環境改善部
大気保全課
2 届出様式
工事内容 工事規模 届出様式
吹付け石綿の使用面積 15平方メートル以上 大気汚染防止法(様式第3の4)
環境確保条例(第35号様式)
吹付け石綿の使用面積 15平方メートル未満 大気汚染防止法(様式第3の4)
建築物の延べ面積、工作物の築造面積 500平方メートル以上 大気汚染防止法(様式第3の4)
環境確保条例(第35号様式)
建築物の延べ面積、工作物の築造面積 500平方メートル未満 大気汚染防止法(様式第3の4)

3 届出の時期及び部数

 工事施工開始日の14日前までに、「1」の届出窓口に2部提出してください。

 ※東京都に提出する場合は知事、市役所・区役所の場合は市長・区長あてになります。

 ※環境確保条例第35号様式は、大気汚染防止法の届出と同時に提出してください。

 ※区市によっては、独自の規制を行っている場合がありますので、ご注意ください(小平市では独自の規制はありません)



(東京都の問い合わせ先)

 ・東京都多摩環境事務所環境改善課

  住所:立川市錦町4-6-3  電話:042-523-0238

 ・東京都環境局環境改善部大気保全課

  住所:新宿区西新宿2-8-1  電話:03-5388-3492

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

環境政策課環境対策担当

電話:042-346-9536

FAX:042-346-9643

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る