小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 手続き・申請書 の中の 手続き の中の その他 の中の 戦没者等のご遺族のみなさまへ(第十回特別弔慰金支給について)

更新日:2017年8月4日

作成部署:健康福祉部 生活支援課

第十回特別弔慰金の請求期限が近づいています

平成30年4月2日(月)までが請求期限となります。

期限を過ぎると、第十回特別弔慰金を受ける権利がなくなりますのでお早めにご請求ください。



第十回特別弔慰金支給について

特別弔慰金の趣旨

戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。

第十回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表すため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債が交付されることになりました。

支給対象者

戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合、別表による先順位のご遺族お一人に支給。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

平成27年4月1日から平成30年4月2日まで

(※請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができませんのでご注意ください。)

請求窓口・問い合わせ先

生活支援課地域福祉担当(健康福祉事務センター内2階)

電話 042-346-9537

※注1)東西の出張所や動く市役所では請求書等の配布・受付はしておりません。

※注2)今回初めて請求される方は窓口へお越しになる前に一度お電話ください。

その他

平成32年4月1日を基準日とする特別弔慰金については、平成32年4月1日から請求受付を開始する予定です。

第十回特別弔慰金支給順位表
順位 支給対象者(戦没者等からみた続柄)
弔慰金受給権者
(平成27年4月1日までに遺族援護法による弔慰金の受給権を取得した方)
戦没者等死亡当時、戦没者等と生計を共にしており、平成27年4月1日現在、氏を変える婚姻・養子縁組をしていない
[1]父母 [2]孫 [3]祖父母 [4]兄弟姉妹
上記3以外の
[1]父母 [2]孫 [3]祖父母 [4]兄弟姉妹
戦没者等の死亡時までに引き続き1年以上生計を共にしていた三親等内親族
[1]葬祭を行った者 [2]葬祭を行っていない者
このような場合、該当の可能性があります
例1 これまでに特別弔慰金を受け取ったことがある(第八回・第九回特別弔慰金の受給者の方など)。
例2 公務扶助料や遺族年金を受給していた遺族が平成27年3月31日までの間に亡くなった。平成27年4月1日現在、その他の遺族が生存している。
→上記支給順位表の最高位の方が請求可能
例3 これまで特別弔慰金を受給していた遺族が平成27年3月31日までの間に亡くなった。平成27年4月1日現在その他の遺族が生存している。
→上記支給順位表の最高位の方が請求可能

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe社のサイトからダウンロードできます。(新規ウィンドウが開きます)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター2階
生活支援課地域福祉担当
電話:042-346-9537
Fax:042-346-9498

このページの先頭へ