トップ > 市政情報 > 市長室 > 汗かき活動日誌 > 市長の活動日誌(平成27年8月)(2)

市長の活動日誌(平成27年8月)(2)

更新日: 2015年(平成27年)9月7日  作成部署:企画政策部 秘書広報課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

夏の交流会 夏の交流会

タンザニア大使表敬訪問 タンザニア大使表敬訪問

8月の活動の一部を紹介します


8月3日(月曜)夏の交流会

NPO法人小平市民活動ネットワークの夏の交流会が、福祉会館で開催されました。小平市には約220の市民活動団体があり、市民活動ネットワークはこれらの団体同士の情報交換や交流をする場を提供しています。


8月7日(金曜)タンザニア大使表敬訪問 

中央アフリカの東部に位置するタンザニア連合共和国のブリアン駐日大使が、小平市からタンザニア共和国に平成26年度に消防自動車を寄贈したお礼のため訪問されました。大使はとても気さくな方で、小平市在住のタンザニア出身の方を交え、予定時間を超えて話が弾みました。

部会合同研修会(講演会) 部会合同研修会(講演会)

部会合同研修会(視察) 部会合同研修会(視察)

8月21日(金曜)部会合同研修会(講演会)

東京都26市の市長が所属する東京都市長会には、環境部会、建設部会、厚生部会、総務・文教委員会があり、夏には部会合同研修会が開催されます。今年はオークラフロンティアホテルつくばで、「革新的サイバニックシステムが創る未来」という演題で、ご高名な山海筑波大学大学院教授にご講演いただきました。ロボット技術を駆使した世界最先端技術で、医療・介護の事業を発展拡大させつつある取組についての魅力的な内容の説明でした。


8月22日(土曜)部会合同研修会(視察)

市長会部会合同研修会において、つくば市内にあるサイバーダインスタジオを視察しました。前日の講演会の講師、山海筑波大学大学院教授の作られた会社のスタジオで、実際に医療・介護の分野で使用しているロボットスーツ(HAL)の一部を使用して、自分の脳からの微電流を感知させ動くか体験させてもらいました。個人差はありますが、脳の指令を感知し動くことに驚きを覚えました。


※この続きの8月分の活動は、「市長の活動日誌(平成27年8月)(3)、(4)」から見ることができます。これ以前の8月分の活動は、「市長の活動日誌(平成27年8月)(1)」から見ることができます。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

秘書広報課秘書担当

電話:042-346-9502

FAX:042-346-9605

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください