小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 防犯・防災・交通 の中の 防災 の中の 避難 の中の 指定緊急避難場所、指定避難所  

更新日:2016年11月14日

作成部署:総務部 防災危機管理課

 災害対策基本法の改正(平成25年法律第54号)を受け、災害時の「指定緊急避難場所」、「指定避難所」の指定をしました。

指定緊急避難場所

 災害対策基本法第四十九条の四により、防災施設の整備状況、地形、地質その他の状況を総合的に勘案し、必要があると認めるときは、災害が発生し、又は発生するおそれがある場合における円滑かつ迅速な避難のための立退きの確保を図るため、政令で定める基準に適合する施設または場所を、洪水、津波その他の政令で定める異常な現象の種類ごとに指定しました。なお、小平市では指定緊急避難場所を「いっとき避難場所」と「広域避難場所」に分けています。

いっとき避難場所

 地震や火災等の発生により、このままでは自分に危険が及ぶと判断した場合に公的な避難指示、または救護・救助を受けるために、まず避難し状況を把握できる場所のこと。

広域避難場所

 さらに火災等が拡大し、いっとき避難場所では危険であると判断される場合等に輻射熱や煙を回避し、安全を確保できる場所のこと。


※市内で想定される異常な現象は、地震、大規模な火災、内水氾濫です。

※指定緊急避難場所は、ページ下方の添付ファイルでご覧いただけます。


指定避難所

 災害対策基本法第四十九条の七により、想定される災害の状況、人口の状況その他の状況を勘案し、災害が発生した場合における適切な避難所の確保を図るため、政令で定める基準に適合する公共施設その他の施設を指定避難所に指定しています。なお、通常の避難所の他に、要配慮者を対象とする二次避難所(福祉避難所)も指定しています。

避難所(小・中学校等)

 住居等を喪失するなど救援・救助を必要とされる場合に、一時的な生活の拠点となるところであり、応急的な食料の配布等の保護を受けられる場所です。

二次避難所(福祉避難所)

 高齢者、障がい者、難病患者、妊産婦、乳幼児等の配慮を必要とする方が、状況に応じた医療や介護等、必要な支援を受けられる場所です。


※市域において災害が発生し、住居が倒壊被害等で生活できない状況である場合に利用することになります。被害状況により、市災害対策本部で開設等の判断をします。

※避難所の開設については、防災行政無線や広報車、市ホームページ、ツイッター等を通じてお知らせします。

※指定避難所はページ下方の添付ファイルでご覧いただけます。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
防災危機管理課防災危機管理担当
電話:042-346-9519
Fax:042-346-9513

このページの先頭へ