トップ > ごみ・環境 > 環境 > 公害 > 自動車騒音常時監視結果(騒音規制法第18条)

自動車騒音常時監視結果(騒音規制法第18条)

更新日: 2018年(平成30年)3月13日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

地方分権一括法により平成24年度から市での調査が始まりました。

騒音規制法による自動車騒音の常時監視は、環境省で指定された市内の道路を対象に面的評価による調査を5年間で順次実施するものです。


面的評価とは、指定された幹線道路に面した地域(道路端から50mの範囲)において、個々の建物ごとの騒音レベルを集計し、環境基準を超過する住居等の戸数の割合を算出する道路交通騒音の評価方法です。

評価の対象は住居、学校、病院等となっており、工場・事業所等の非住居の建物は対象外です。

実測値や推計によって騒音レベルの状況を把握し、環境基準に適合している戸数の割合で評価します。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

環境政策課環境対策担当

電話:042-346-9536

FAX:042-346-9643

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください