トップ > ごみ・環境 > 資源とごみの出し方 > 出すときに守ってほしいこと > 粗大ごみを解体して、一般のごみの日に出さないでください

粗大ごみを解体して、一般のごみの日に出さないでください

更新日: 2019年(平成31年)2月17日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

粗大ごみは、一般のごみとは一緒に処理できないため、別に収集しています。
また、一定以上の量のごみを出す方に相応の費用を負担していただくことを目的に有料としています。

粗大ごみを解体・分解した場合でも、元の大きさで粗大ごみとなるものは、出す量に変わりがないため、粗大ごみとして処理する必要があります。

市に処理を依頼するには、事前のお申し込みと、品目に応じた金額の廃棄物処理シールが必要です。

詳しくは、粗大ごみの出し方のページをご覧ください。

(注)事業所(会社やお店など)から出る粗大ごみは、市では収集できません。廃棄物処理業者等に直接お問い合わせください。 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

資源循環課管理担当

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る