トップ > 子ども・教育 > 教育委員会 > 小・中学校手続き(入学や転校、教科書など) > 東部地区の児童・生徒数の増加への対応

東部地区の児童・生徒数の増加への対応

更新日: 2018年(平成30年)5月9日  作成部署:教育委員会教育部 学務課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 市の人口は、長期的には減少していく推計であるものの、今後、当分の間、東部地区では小・中学校の就学年齢人口が増加する見込みです。加えて、大規模な開発行為等による住宅の建設が進行または予定されています。このため、児童・生徒にとって良好な教育環境を確保するため、「東部地区の児童・生徒の増加に伴う対応について」を公表し、通学区域の見直しと校舎の増築など施設面の対応の二本立てによる複合的な対応を進めていきます。

 詳細につきましては、添付ファイルの「東部地区の児童・生徒の増加に伴う対応について」をご覧ください。


・第一回説明会(平成28年7月11日~15日)

・第二回説明会(平成29年7月10日~13日)


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所5階

学務課学事担当

電話:042-346-9570

FAX:042-346-9578

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください