小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 選挙管理委員会 の中の 選挙 の中の 不在者投票(衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査)

更新日:2017年9月29日

作成部署:選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局

次の事由に該当する場合は、事前に不在者投票ができます。

遠隔地での不在者投票

 仕事やレジャーなどで遠方に滞在している方は、小平市選挙管理委員会から投票用紙等を取り寄せれば、滞在先の区市町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。不在者投票の投票手順・手続きは次のとおりです。

  • 投票用紙及び投票用封筒の請求
  •  小平市の選挙人名簿に登録のある方は、投票用紙および投票用封筒が請求できます。不在者投票宣誓書兼請求書に自筆で記入し、郵送で小平市選挙管理委員会(住所は下のお問い合わせの欄にあります)に請求してください(ファクシミリや電子メールではできません)。

    ※不在者投票宣誓書兼請求書は、下の添付ファイルからダウンロードし、印刷してください。

  • 投票用紙・投票用封筒・不在者投票証明書の交付
  •  不在者投票事由があると認められると、投票用紙と投票用封筒のほか、不在者投票証明書が交付(小平市選挙管理委員会から郵送)されます。不在者投票証明書は、不在者投票証明書用封筒に入っていますが、この封筒は開封しないでください(開封すると投票できません)。

  • 投票方法及び手続き
  •  投票用紙などを受け取ったら、それを持って告示日の翌日から投票日の前日までに日数的に余裕をもって早めに、滞在地の区市町村選挙管理委員会に行ってください。

    滞在地の区市町村選挙管理委員会に下記を提出してください。

    1. 投票用紙(あらかじめ候補者等を記入しないこと。記入してあると、投票できなくなります。)
    2. 不在者投票用封筒
    3. 不在者投票証明書の入っている封筒(開封しないこと。開封すると投票できなくなります。)
  • 投票用紙の記載・封入
  •  不在者投票記載場所で投票用紙に記入し、封をします。外封筒に署名をしたら、立会人の署名を受けて不在者投票管理者へ提出します。


※不在者投票を行ったら、不在者投票を受けた区市町村選挙管理委員会から、小平市選挙管理委員会に投票済みの用紙が、投票日までに送付されます。


郵便等による不在者投票

 在宅の重度の身体障がい者や戦傷病者で、選挙管理委員会の発行する「郵便等投票証明書」を所有する方は在宅のまま郵便等による不在者投票ができます。

 また、郵便投票等ができる方で、自ら投票の記載ができない方として定められた項目に該当する方は、代理記載制度を利用することができます。告示日前でも「郵便等投票証明書」の申請手続きはできますのでお早めにお願いします。

 ※「郵便等による不在者投票制度」について、詳しくは下のリンクからお進みください。

入院・入所者の不在者投票

 都道府県の選挙管理委員会が不在者投票施設に指定した施設や法令で定められた施設(指定病院、指定老人ホームなど)に入院、入所中であれば、その施設で不在者投票ができます。

 なお、投票用紙などの請求は、入院、入所中の施設の長を通じて行います。


※投票できる期間は、10月11日から10月21日までとなりますのでご注意ください。

※不在者投票を行う日時が施設によって異なりますので、あらかじめ施設等にお問い合わせください。


添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe社のサイトからダウンロードできます。(新規ウィンドウが開きます)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1丁目19番12号 小平市健康センター4階
選挙管理委員会事務局
電話:042-346-9576
Fax:042-348-0951

このページの先頭へ