小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 健康・福祉 の中の 健康 の中の 各種がん検診、骨粗しょう症検診、健康診査など の中の ヒトパピローマウイルスって何 20歳になったら子宮頸がん検診 

更新日:2017年10月23日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

 ヒロパピローマウイルスは、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。しかしながら、子宮頸がんをはじめ、肛門がん、膣がんなどのがんや尖形コンジローマ等多くの病気の発生に関わっていることが分かってきました。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えていることもあり、問題視されているウイルスです。(厚生労働省ホームページより)

★定期予防接種について

子宮頸がんの予防ワクチンとされるヒトパピローマウイルス定期予防接種は、平成25年度から定期予防接種となりましたが、平成25年6月に接種後の持続的な疼痛などの症状と予防接種との因果関係の調査の必要性から、厚生労働省は「予防接種の積極的な勧奨」の一時中止という決定をしました。その後、ヒトパピトーマウイルス予防ワクチンは、ワクチンの副反応と接種の因果関係の調査研究がなされていますが、予防接種の勧奨の中止から4年以上経た、平成29年10月現在において、接種の積極的な勧奨の再開はなされていません。


★子宮頸がん検診を受診しましょう

 

市が実施する子宮頸がん検診は、20歳から2年に1度無料で受診できます。

子宮頸がんは、自覚症状がないまま進行しますが、早期発見、治療で多くが治癒(※)します。また、早期治療で子宮を摘出せずに治癒できるので、妊娠や出産も可能です。


2年に1度の定期的な検診で、子宮頸がんを予防しましょう。


小平市子宮頸がん検診の申込み方法等詳細はこちらから


※ここでいう「治癒」とは、診断時の5年相対生存率です。相対生存率とは、がん以外の原因で亡くなる人の影響を除いた数値です。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ