トップ > 市政情報 > 男女共同参画 > 育児・介護休業法が改正されました-平成29年10月1日施行-

育児・介護休業法が改正されました-平成29年10月1日施行-

更新日: 2017年(平成29年)11月2日  作成部署:地域振興部 市民協働・男女参画推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 保育園等に入所できず、退職を余儀なくされる事態を防ぐこと等を目的にとして、育児・介護休業法が改正され、平成29年10月1日から施行されました。主な改正点は以下のとおりです。


  1. 1歳6か月以降も認可保育園等に入れない等の場合には、会社に申し出ることにより育児休業期間を最長2歳まで再延長できるようになります。育児休業給付金の給付期間も2歳までとなります。
  2. 事業主は、働く方やその配偶者が妊娠・出産したこと等を知った場合に、その方に個別に育児休業等に関する制度(育児休業中・休業後の待遇や労働条件等)を周知するための措置を講じるよう努力する義務が創設されます。
  3. 事業主は、未就学児を養育する労働者について、育児に関する目的で利用できる休暇制度を設けるよう努力する義務が創設されます。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

市民協働・男女参画推進課男女共同参画担当

電話:042-346-9618

FAX:042-346-9575

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る