トップ > 子ども・教育 > 教育委員会 > 小・中学校手続き(入学や転校、教科書など) > 指定学校変更及び区域外就学に関する審査基準の一部改正について

指定学校変更及び区域外就学に関する審査基準の一部改正について

更新日: 2018年(平成30年)2月13日  作成部署:教育委員会教育部 学務課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

小平市指定学校変更許可及び区域外就学承諾に関する審査基準の一部改正について


 学校規模の適正化を推進するとともに、実態に合わせて小平市指定学校変更許可及び区域外就学承諾に関する審査基準(以下、審査基準)を改正しました。改正内容については以下のとおりです。


改正の内容

  • 指定学校の変更の許可の審査基準の第2条における「地理的理由」を削除しました。
  • 区域外就学の承諾の審査基準の第3条における「市内に転入する予定がある場合」の事由に「通学時間がおおむね40分以内であるとき」を追記しました。
  • 指定学校の変更の許可及び区域外就学の承諾の備考欄に、保護者が児童・生徒の通学における安全について改めて確認する文言を追記しました。

審査基準について

・小平市指定学校変更許可及び区域外就学承諾に関する審査基準(外部リンク)


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所5階

学務課学事担当

電話:042-346-9570

FAX:042-346-9578

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る