トップ > 市政情報 > 市政全般 > 情報システム > オープンデータの試行公開について

オープンデータの試行公開について

更新日: 2018年(平成30年)3月30日  作成部署:企画政策部 情報政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

オープンデータとは

 オープンデータとは、行政が保有している公的データを二次利用が可能な運用ルールで公開されたデータのことをいいます。つまり、誰でも許可されたルールの範囲内で自由に加工などができるデータです。


オープンデータの取組について

 小平市は、自治体にとって共通する課題に対して、広域にまたがって取組む必要があるとして、国分寺市と連携して、オープンデータの取組みを始めました。子育てに関する環境は、保護者を始め家庭や地域のニーズが多様化しています。この課題は両市に共通する課題であり、比較的若い世代へのサービス利用が見込まれることから、国分寺市と行政データを共有、利活用するため、子育て支援に関するデータを試行的に公開します。


オープンデータの利用にあたって(利用規約)

 オープンデータの利用に際しての規約を掲載しています。オープンデータをご利用の際には、本利用規約に従っていただくようお願いいたします。


この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 国際 ライセンス(外部リンク)の下に提供されています。

国分寺オープンデータ

国分寺市のオープンデータは国分寺市のページ(外部リンク)をご覧ください。

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333

情報政策課計画担当

電話:042-346-9509

FAX:042-346-9599

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る