トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 市内公共交通関連情報 > 令和3年度第2回 小平市公共交通事業者継続支援金のご案内(受付を終了しました。)

令和3年度第2回 小平市公共交通事業者継続支援金のご案内(受付を終了しました。)

更新日: 2022年(令和4年)3月1日  作成部署:都市開発部 公共交通課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 小平市では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、乗客が減少し、収益が大幅に悪化している市内の公共交通事業者(乗合バス事業者・タクシー事業者)を対象に、事業を継続し、市民の生活交通を維持、確保するための支援金を交付します。
 また、人流の抑制の影響により、収益悪化が長期化している厳しい状況に鑑み、加算額を増額して、感染症対策への支援をさらに強化します。
(注)第1回目の小平市公共交通事業継続支援金の申請期間(令和3年7月1日から令和3年8月31日)は終了しました。

 

対象事業者

道路運送法第4条第1項(一般旅客自動車運送事業)の許可を受けている下記の交通事業者

市内を運行する乗合バス事業者

  • 市内で乗降可能なバス停留所があるバス路線を有するもの
  • 地方自治体から補助金等の交付を受けている路線を除く

市内で営業するタクシー事業者(個人タクシーを含む)

  • 法人:本店・支店・営業所のいずれかの所在地が市内にあること
  • 個人:住所が市内にあること
  • 福祉輸送事業限定の事業者を除く

申請要件

次の1~3の全ての要件を満たしていること。

  1. 令和3年(1月から9月)のいずれかの月の収入が、令和元年同月比20%以上減少していること
  2. 小平市内で平成31年4月1日以前に事業を開始し、今後も事業を継続する意思があること
  3. 小平市暴力団排除条例第2条第1号の暴力団及び同条第2号の暴力団員、または同条第3号の暴力団関係者(法人にあっては、その役員等が当該暴力団関係者)でないこと

申請期間・申請方法

申請期間:令和3年12月1日(水曜)から令和4年2月28日(月曜)まで

申請方法:申請書類を郵送(当日消印有効)または窓口へ持参

支援金額等

バス事業者

  • 基礎額 50万円+路線加算額 5万円×運行系統数(上限150万円)
  • 感染症対策強化加算額 3万円×系統数

運行系統数:令和3年10月1日時点

タクシー事業者

法人

  • 基礎額 30万円+車両加算額 2万円×車両台数(上限60万円)
  • 感染症対策強化加算額 1万円×車両台数

加算対象車両

令和3年10月1日時点で、市内の本店・支店・営業所に配属しているタクシー事業に供する車両

個人

  • 基礎額 15万円
  • 感染症対策強化加算額 10万円

募集要項

令和3年度第2回 小平市公共交通事業者継続支援金 募集要項(PDF 391.2KB)

申請書類

  1. 小平市公共交通事業者継続支援金交付申請書(様式1号バス事業者)(Word 18.4KB)
  2. 小平市公共交通事業者継続支援金交付申請書(様式1号タクシー事業者)(Word 19.9KB)
  3. 誓約書兼同意書(様式2号)(Word 15.2KB)
  4. 道路運送法第4条第1項(一般旅客自動車運送事業)の許可を受けたことが確認できる書類の写し
  5. 令和3年(1月から9月)及び令和元年の収入が確認できる書類(収益等減少の申告に係る内容が確認できる書類)
  6. 市内に乗降可能なバス停留所のある路線系統数が確認できる書類(バス事業者のみ)
  7. 事業用自動車の数が確認できる書類または自動車車検証の写し(法人タクシーのみ)
  8. 支払金口座振込依頼書(事業者用)(Word 51.5KB)
  9. 支払金口座振込依頼書(個人用)(Word 43KB)
  10. 振込先口座の通帳等の写し
  11. その他市長が必要と認める書類

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

公共交通課公共交通担当

電話:042-346-9814

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る