トップ > 子ども・教育 > 手当、医療費助成 > 子育て世帯給付金等 > 令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付金

令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付金

更新日: 2022年(令和4年)1月17日  作成部署:子ども家庭部 子育て支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

令和3年11月19日閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に基づき、子育て世帯を支援するための臨時特別的な給付金を支給します。

給付金の趣旨について

この給付金は、新型コロナウイルス感染症が長期化しその影響が様々な人々に及ぶ中、子育て世帯については、我が国の子どもたちを力強く支援し、その未来を拓く観点から、一定以上の所得がある世帯を除き、給付を行うものです。

また今回の給付金は、可能な限り迅速に支給するために、

  • 中学生以下の児童を養育する世帯は、令和3年9月分の児童手当を受給した方
  • 高校生相当年齢の児童のみを養育する世帯は、令和3年9月30日時点で子どもを養育している方

を基準として支給することとしており、離婚等によりこの基準の前後で養育者が異なる場合、子どもたちを現在養育している方に支給されないことがあります。

上記の給付金の趣旨は、離婚の場合等であっても変わるものではありませんので、上記の基準前後で養育者が異なる場合には、子どもたちにとって望ましい使途についてよく話し合っていただくなど、子どもたちの未来を拓く観点から、子どもたちのためにご活用いただけるよう、受給者の皆様にはご協力をお願いします。

なお、ひとり親家庭で生活にお困りの方、住宅・養育・就労等の悩みごとがある方は、相談員(母子父子自立支援員)がご相談に応じています。下記リンクをご覧ください。

ひとり親相談のページ

10万円給付のうち、残り5万円分の給付について

本給付金の10万円相当の給付については、先行して現金5万円を支給し、残る5万円についてはクーポン等による給付が原則とされていたところ、ここで国から自治体の判断が広く認められることとなりました。

このため、残る5万円につきましても、支給の迅速性や受け取った方の利便性を考慮して現金による支給を行います。

プッシュ型支給の世帯の方、および、令和3年12月10日までに申請をいただいた方には令和3年12月23日に1回目の5万円の振り込み、令和3年12月27日に2回目の5万円の振り込みを行いました。

令和3年12月11日以降に申請された方への振り込みは令和4年1月以降となり、振込額も10万円の一括支給となります。

支給対象児童

平成15年4月2日から令和4年3月31日の間に生まれた児童
 (注)婚姻している児童を除く

支給対象者

養育要件については、支給対象児童を養育していること。

所得要件については、支給対象児童の保護者のうち、生計を維持する程度の高い方(注1)で、かつ、児童手当(本則給付)の受給者(注2)もしくはそれに準じる方。

住所要件については、小平市から令和3年9月分の児童手当を受けている方(注3)。左記に該当しない場合は、保護者のうち、生計を維持する程度の高い方の令和3年9月30日時点の住民票の住所が小平市にある方。

(注1)児童を監護している父母のうち、令和2年中の所得が高い方が該当しますが、児童手当を受給している場合は、受給している方が自動的に該当します。

(注2)児童1人あたりの児童手当月額が10,000円または15,000円の場合を本則給付、月額5,000円の場合を特例給付と呼びます。本給付金は本則給付の方のみが支給対象となり、特例給付の方には給付金は支給されません。本則給付と特例給付の判定は、児童手当受給者の令和2年中の所得に基づいて決定されます。所得額及び目安となる年収は下記リンク先のとおりですが、所得を実際に計算するよりも、児童手当の支給月額で計算することが簡便です。支給額については額の改定がない限り通知はお送りしていませんので、通帳の記帳等から振込金額をご確認ください(令和3年9月分の児童手当の振込日は令和3年10月8日または11月30日です。また、振込名称(通帳の記帳したときの記載)は「コダイラシ ジドウテアテ」となっています)。また、振り込みは支給対象児童分をまとめ、4か月分一括で振り込んでいることにもご留意ください。

所得制限限度額表(児童手当のページ)

(注3)令和3年9月分の児童手当は、令和3年8月31日時点の住民票の住所が小平市にあり、かつ、令和3年8月31日までに児童手当の申請をした方に支給されています(また、令和3年度の現況届の提出を求められている方は、現況届を提出していることも必要です)。

支給額

対象児童1人あたり100,000円一括、または50,000円を2回支給(合計100,000円)

支給手続

支給対象者に該当する場合であっても、世帯類型により手続きが異なります。

児童手当受給世帯

【該当する方】

令和3年9月分の児童手当を小平市から支給されている方。

(注)高校生は児童手当の支給対象とはなりませんが、きょうだいが小平市から児童手当の支給を受けている世帯については、高校生のお子さんの分の給付金も、下記振込日にプッシュ型で振り込みます。このため、小平市から児童手当を支給されている世帯については、高校生のお子さんのみを別途申請していただく必要はありません。

【手続】

プッシュ型(申請不要)での支給となるため、特段の手続きは必要なく、児童手当の振込口座に給付金が振り込まれます

(注)現況届の提出をしていないため、児童手当の支給が止まっている方は、児童手当の現況届をすみやかに提出してください。
(注)現在、転居して小平市外に住んでいる場合でも、小平市から令和3年9月分の児童手当が支給された方は、給付金は小平市から支給されます。
(注)児童手当の振込口座を解約した方は、必ず下記「支給口座登録等の届出書」を令和4年2月28日までに提出してください。提出がないと、給付金が振り込めないだけでなく、児童手当も支給されなくなります。

支給口座登録等の届出書(PDF 113.5KB)

【お知らせの送付】

12月11日にプッシュ型支給の対象者の方へ向けてお知らせを発送しました。お知らせを受け取った方はプッシュ型支給の対象者です。
このお知らせは振り込みをお知らせするものです。給付金が必要な方は、お知らせを受け取っても何もする必要はありません。
逆に、お知らせが届かなかった方はプッシュ型支給の対象となっていない方です。申請手続きが必要な方であるか、児童手当が特例給付のため支給対象外となる方です。
また、転居等により宛所不明でお知らせが市に返送されてきた方や、お知らせの受け取りを拒否された方は、受給の意思が確認できませんので給付金が支給されません。

【振込日】

1回目:令和3年12月23日:5万円
2回目:令和3年12月27日:5万円

所属庁から児童手当を支給されている公務員世帯

【該当する方】

令和3年9月分の児童手当を所属庁から支給されている公務員の方

【手続】

常時勤務に服することを要する公務員は所属庁から児童手当を支給されますが、小平市ではその事実を把握していませんので、プッシュ型での振り込みができません。申請をしていただいた上で支給します。

(注)公務員であっても会計年度任用職員や民間企業へ派遣されている方等は、所属庁ではなく小平市から児童手当を支給されますので、プッシュ型による支給となります。
(注)ご自分が令和3年9月分の児童手当の本則給付を受けているか等について確認できない場合は、所属庁の児童手当支給担当部署へお尋ねください。

申請書等のダウンロードについては、ページ下部の「公務員世帯の申請について」をご覧ください。

【振込日】

令和3年12月10日までに申請をされた方

1回目:令和3年12月23日:5万円
2回目:令和3年12月27日:5万円

令和3年12月11日以降12月中に申請をされた方

令和4年1月末:10万円を一括で振込み

(注)現在、申請いただいてから支給(もしくは不支給)のお知らせの発送までに約1ヵ月程いただいております。令和4年1月以降に申請をされた方の振り込みは2月中旬以降となる予定です。振り込み前に支給(もしくは不支給)のお知らせを送付しますので、そちらで振込日をご確認ください。

 

【申請勧奨通知の送付について】

制度をお知らせするため、申請が必要と思われる世帯には、今後、申請勧奨通知と申請書をお送りする予定ですが、1月下旬となる予定ですので、このページをご覧になった方は、通知を待たず、申請してください。

高校生を養育している世帯

高校生とは平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの児童を指し、実際に高等学校に通学していることは必要ありません。
逆に、高等学校に通学していても生年月日が上記期間外の場合は本給付金は支給されません。
また、婚姻している児童についても本給付金の支給対象外となります。

高校生の場合、世帯の状況により、給付金の支給・申請方法が異なります。

【児童手当を小平市から支給されている児童がいる世帯】

高校生児童への給付金の支給については、児童手当対象児童分とあわせてプッシュ型で振り込みます。したがって、特段の手続きは不要です。
令和3年12月中旬に、小平市から給付金のプッシュ型支給のお知らせを受け取った世帯については、高校生分の給付金も併せて支給される、とお考え下さい。

詳細は上記の「児童手当受給世帯」のとおりです。

ただし、高校生が留学や寮生活などのため住民票を分けている場合は特別の手続きが必要となる場合があります。

【児童手当が所属庁から支給されている公務員世帯】

給付金の申請書(公務員用)に、児童手当対象児童の氏名に加えて、高校生児童の氏名も記載して一緒に申請してください。

詳細は上記「所属庁から児童手当を支給されている公務員世帯」、および下記「公務員世帯の申請について」のとおりです。

なお、高校生のお子さんのみを養育している公務員の方は、下記、申請書(高校生)を使って申請してください。申請書(公務員用)は児童手当を受給している方のための申請書ですので、使用なさらないでください。

【高校生児童のみを養育している世帯(児童手当を受給している児童がいない世帯)】

申請が必要となります。
手続きに当たっては、ページ下部の「高校生児童のみを養育している世帯の申請について」をご覧ください。

 【振込日】
令和3年12月11日以降12月中に申請をされた方

令和4年1月末:10万円を一括で振込み

(注)現在、申請いただいてから支給(もしくは不支給)のお知らせの発送までに約1ヵ月程いただいております。令和4年1月以降に申請をされた方の振り込みは2月中旬以降となる予定です。 振り込み前に支給(もしくは不支給)のお知らせを送付しますので、そちらで振込日をご確認ください。

申請勧奨通知の送付について

制度の周知のため、申請が必要と思われる世帯には、今後、申請勧奨通知と申請書をお送りする予定ですが、1月下旬となる予定ですので、このページをご覧になった方は、通知を待たず、申請してください。

新生児のいる世帯

令和3年9月1日以降令和4年3月31日までに生まれた児童(新生児)には、令和3年9月分の児童手当は支給されていません。
世帯類型別に以下のとおりとなります。

【児童手当の申請を小平市に済ませた、あるいは申請する予定の世帯】

プッシュ型での支給となります。申請は必要ありません。
児童手当認定通知書または児童手当額改定通知書の日付が、令和3年12月10日付以前の方は令和3年12月23日に1回目(5万円)、12月27日に2回目(5万円)を振り込みます。
令和3年12月10日付以降の方は、令和4年1月下旬の振り込みとなります。

【児童手当が所属庁から支給されている公務員世帯】

申請が必要です。手続きについては下記「公務員世帯の申請について」をご覧ください。

公務員世帯の申請について

下記、申請書を印刷し、必要事項を記入して提出してください。

なお、本給付金の申請にあたっては「令和3年9月分の児童手当を所属庁より支給されていることの証明」が必要となります。
どのようなものが証明に該当するかについては、下記の「申請書別紙 支給要件の確認、証明方法について(公務員世帯向け)」をご覧ください。
また、証明書類の用意ができない場合は、下記リンク先から「証明書(ひな形)」を印刷し、所属庁に提出し、証明書の作成を依頼してください。

申請書(公務員)(PDF 192.8KB)
申請書記載要領(公務員・表)(PDF 162.8KB)
申請書記載要領(公務員・裏)(PDF 124.8KB)
申請書別紙 支給要件の確認、証明方法について(公務員世帯向け)(PDF 164.3KB)
証明書(ひな形)(PDF 69.1KB)

高校生児童のみを養育している世帯の申請について

下記、申請書を印刷し、必要事項を記入して提出してください。

申請者の所得が、所得制限内であるかについては、申請書を受領後、市が所得を職権で調査・確認します。
その結果、所得が基準を超過していた場合は、給付金が不支給となります(その場合は、不支給のお知らせをお送りします)。
このため、課税証明書など、所得を証明する書類は原則として添付する必要はありません。

なお、児童手当の所得計算式は独特のため、ご自分の所得を厳密に計算することは困難な場合もあります。
このため、無理に所得の計算を行っていただく必要はありません。不明な場合でもとりあえず申請書は提出してください(おおよその収入の目安は、所得制限限度額表 児童手当のページをご覧ください)。

申請書(高校生)(PDF 189.6KB)
申請書記載要領(高校生・表)(PDF 158.3KB)
申請書記載要領(高校生・裏)(PDF 129.4KB)

その他(児童手当未申請者等)の世帯の申請について

 対象は、令和3年9月30日時点で児童手当の対象児童を養育していたが、児童手当の未申請や申請遅延等により、令和3年9月分の児童手当を受給していない世帯の方です。令和3年9月中に海外から帰国したことにより、令和3年9月の児童手当は対象とならない場合も含みます。既に児童手当の申請をし、受給している方についても申請が必要です。

下記、申請書を印刷し、必要事項を記入して提出してください。

申請書(児童手当未申請者等)(PDF 195.1KB)

書類の提出先

送付の場合

〒187−8701
小平市小川町2−1333
小平市役所 子育て支援課 手当助成担当

窓口提出の場合

子育て支援課 窓口(東部・西部出張所、動く市役所ではお受けしていません)
場所:小平市役所 2階北側
受付時間:平日の午前8時30分から午後5時(土曜日、日曜日、祝休日、12月29日~1月3日は休み)

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

子育て支援課手当助成担当

電話:042-346-9544

FAX:042-346-9200

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る