小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 健康・福祉 の中の 健康一口メモ(子宮がん・乳がん編)

更新日:2007年10月11日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

 子宮がん・乳がんに関する情報です。ご自身の健康増進のためにお役立てください。


◎子宮がん

 子宮がんは、がんのできる部位によって子宮頸がんと子宮体がんがあります。検診の普及により死亡率は年々減少していますが、子宮頸がんは20~30歳代で子宮体がんについては年齢を問わず罹患率は増加傾向にあります。


○子宮頸がん

 子宮の入り口である頸部にできるがんです。ヒトパピロマーウィルス(HPV)という性交渉により感染するウィルスが発症の一因であると言われていますが、特別な感染症ではなく性交渉の経験のある女性の多くは一度は感染する可能性があります。ウィルスに感染してもすべての方が子宮頸がんになるわけではなく、多くの場合ウィルスは自然に消失します。

 子宮頸がんの発症にはウィルスの他にも様々な要因があり、☆初交年齢が若い、☆妊娠、出産回数が多い、☆喫煙者、☆複数のセックスパートナーがいる場合などには発症のリスクが高くなります。



○子宮体がん

 子宮の奥の方である子宮体部にできるがんです。女性ホルモンの異常や発がんに関連する遺伝子の異常が発生原因と考えられます。☆妊娠・出産の経験がない(少ない)☆閉経が遅い、☆肥満、糖尿病、高血圧などの場合はリスクが高くなります。

<子宮がんの症状>

 下記の症状があったら検診をまたずに早めに医療機関を受診しましょう!


 *月経の異常

  …不正出血(生理以外の出血)、月経過多、月経不順、性交時の出血

 *おりものの異常

  …おりものの量の増加、性状の変化(水溶性・粘液性・血性)

 *痛み

  …下腹部痛、排尿時痛、性交時痛など


<子宮がんの検査>

 症状がなくても、小平市の検診や職場検診、人間ドッグ等を利用して定期的に検診を受けましょう!


頸がん・体がん共通

 …問診、内診(視診・触診(子宮・卵巣近辺))、細胞診


細胞診

 …頸がん(子宮頸部の細胞を綿棒でこすって取り、顕微鏡で調べます)

 …体がん(子宮頸管を拡張しながら器具を使って子宮内膜の細胞を採取して顕微鏡で調べます。採取時に少し痛みや出血を伴うことがあります。)


コルポスコープ(拡大鏡)検査

 …拡大鏡を使って疑わしい部分を詳しく調べます。必要時組織を切除して調べます。




◎乳がん

実行しましょう! 月に1度の乳がん自己検診

 乳がんは日本では少ない“がん”でしたが、近年は発生率、死亡率ともに増加傾向にあります。アメリカでは8人に1人、日本では23人に1人が乳がんにかかるといわれています。

 日本女性のライフスタイルが欧米化し、高脂肪食や高タンパク食の摂取量の増加、女性の社会進出、初婚年齢、初産年齢が高くなったことも大きな原因になっており、今後女性のがん死亡率のトップになるとまでいわれています。

 また、乳がんは30歳代から発病しやすくなり、40歳代、50歳代に最も多くみられます。

 乳がんは早期に発見すれば、95%治ります。早期発見するためには、定期的な検診とと月に1回の自己検診が大切です。自己検診をして、ご自分の乳房に関心を持ち、変化にいち早く気づくようにしましょう。


<乳がんの検査>

 視診・触診 

 ・・・上半身の衣服を脱いだ状態で、専門医が目で乳房の状態を確認します。     (視診)


 ・・・専門医が乳房に触れて、しこりの有無やようすを確認します。(触診)


 超音波(エコー)検査

 ・・・乳房に超音波をあてもどってくる反射波(エコー)を画像化して乳房断面の映像をみる検査です。


 マンモグラフィ-(レントゲン)

・・・乳房専用のレントゲン撮影機で、乳房を板にはさんで上下と斜め左右の2方向または1方向で撮影します。





 ☆女性の健康づくり講演会では今年度は「更年期・脂質異常症について」「骨粗しょう症について」お話します。乳房の自己検診法の実習も行います。ぜひご参加ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ