小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 健康・福祉 の中の ノロウイルスなどの感染性胃腸炎が依然流行中

更新日:2012年12月28日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

 12月6日、東京都は、感染性胃腸炎の都内の患者報告数が第48週(11月26日~12月2日)で流行警報基準を超えたことを発表しました。

>>東京都福祉保健局 報道発表資料(外部リンク)

 都内の患者報告数は第49週(12月3日~9日)の26.9人/定点をピークに第50週の26.1人/定点、第51週の22.8人/定点と2週続けて減少しましたが、依然として流行が続いています。同時期の報告数としては1999年の調査開始以降、過去最高となっています。

 例年、この時期は感染性胃腸炎の発生が最も多くなる時期です。一人ひとりが手洗い等を徹底し、感染予防に努めましょう。高齢者や乳幼児の施設においては十分な感染防止対策をとりましょう。


※流行警報基準:感染症発生動向調査による定点報告において、20人/定点(週)を超えた全ての保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を超えた場合。

12人/定点未満になるまで警報レベルが継続します。


流行状況(12月23日まで)

 都内261か所の小児科定点医療機関からの報告による第51週(12月17日~12月23日)の患者報告数は、22.8人/定点です。

 警報レベルが継続しているのは都内31保健所中24保健所で、管内人口の合計は、東京都全体の90.8%になります。

※定点医療機関:感染症の発生状況を知るために定期的に患者数を報告いただいている医療機関(都内264か所)を定点といいます。定点あたり患者報告数とは1週間に1か所の定点からどのくらい報告があったかを表す数値です。


ノロウイルス

ノロウイルスは、冬季を中心に発生する感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。感染力が非常に強く、ごく少量のウイルスでも口から体内に入ることで感染します。特に乳幼児や高齢者は症状が重くなることがあるので注意が必要です。

感染したときの症状

感染後24~48時間で、吐き気、おう吐、発熱、腹痛、下痢などの症状が現れます。

感染すると、ウイルスは1週間程度、便とともに排出されます。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、ヒトからヒトへの感染と、汚染した食品を介しておこる食中毒に分けられ、次のような感染経路があります。

  • 感染した人の便やおう吐物に触れた手指を介してノロウイルスが口に入った場合
  • 便やおう吐物が乾燥して、細かな塵とともに舞い上がり、それらと一緒にウイルスを鼻や口から取り込んだ場合
  • 感染した人が十分に手を洗わず調理した食品を食べた場合
  • ノロウイルスを内臓に取り込んだカキやシジミなどの二枚貝を、生または不十分な加熱処理で食べた場合

症状が出たら

ウイルスを原因とする感染性胃腸炎への特別な治療法はなく、つらい症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。乳幼児や高齢者では下痢等による脱水症状を生じることがありますので早めに医療機関を受診することが大切です。特に高齢者は、誤嚥(嘔吐物が気管に入る)により肺炎を起こすことがあるため、体調の変化に注意しましょう。嘔吐の症状がおさまったら少しずつ水分を補給し、安静に努め、回復期には消化しやすい食事をとるよう心がけましょう。

個人でできる予防対策

  • 最も大切なのは手を洗うことです。特に排便後、また調理や食事の前には石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
  • 便やおう吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
  • ※おう吐処理の具体的な方法は、東京都福祉保健局 防ごう!ノロウイルス感染(外部リンク)をご覧ください。

  • カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう(中心温度85℃1分以上の加熱が必要です)。
  • ※ノロウイルスは、100個以下の少ない量でも感染が成立する、感染力の強いウイルスです。症状のある人の便やおう吐物には、大量のノロウイルス(便1g中に1億個以上、おう吐物1g中に100万個以上)が含まれているので、扱う場合には十分な注意が必要です 。

    ※出典:東京都感染症情報センター 感染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に)のページ

休日・準夜の応急診療

市では休日・準夜間の急病患者に対応するため、内科及び小児科の応急診療を一般社団法人小平市医師会に委託し実施しています。詳細はこちらのページを参照ください。 

感染性胃腸炎関連情報リンク集

感染性胃腸炎に関する情報を掲載している関連機関のホームページです。

>>厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A(外部リンク)

>>東京都感染症情報センター 感染性胃腸炎(外部リンク)

>>東京都における感染性胃腸炎の流行状況(2012-13年シーズン)(外部リンク)

>>多摩小平保健所感染症週報:管轄内5市(小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市及び西東京市)の指定届出機関(病院や診療所)からの報告を週単位で集計し、公表するものです。

(外部リンク)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ