小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 手続き・申請書 の中の 行政不服審査制度が変わりました

更新日:2016年4月1日

作成部署:総務部 総務課

 行政不服審査法が全部改正され、不服申立構造の見直し、公正性の向上及び使いやすさの向上の観点から、行政不服審査制度の見直しが行われました。

行政不服審査法の主な改正内容

不服申立構造の見直し(別紙1)

 旧制度において、審査請求及び異議申立ての2種類あった不服申立ての手続が、原則として審査請求に一元化されました。

公正性の向上(別紙2)

 審理員制度の導入

 審理員(原処分に関与していない市職員)が審査請求の審理を行う制度が導入されました。

 小平市行政不服審査会への諮問手続の新設

 審査請求に対する裁決を行う審査庁には、原則として、第三者機関である小平市行政不服審査会への諮問が義務付けられました。

使いやすさの向上

 審査請求をすることができる期間が、60日から3か月に延長されました。

審査請求書の提出先
処分庁 提出先
市長 総務部総務課
教育委員会 教育部教育総務課
農業委員会 農業委員会事務局
選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局
監査委員 監査事務局

※3月31日までにされた行政処分等に対する不服申立ては、4月1日以降に申し立てられた場合でも、旧制度が適用されます。

※情報公開・個人情報保護制度における公開決定等に係る不服申立てについての手続の概要は、別紙3をご覧ください。

※行政不服審査法の改正の詳細については、総務省のホームページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
総務課文書法制担当
電話:042-346-9580

このページの先頭へ