小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 市民活動・学習・スポーツ の中の  「まちで楽しむ」実行委員を募集しています

更新日:2017年1月10日

作成部署:地域振興部 市民協働・男女参画推進課

 学生の地域に関する活動を応援し、「大学の枠を超え」学生と地域をつなぐイベント「まちで楽しむ」。
 平成29年春の開催に向け、企画・運営を行う実行委員を募集中です。

学生と地域をつなぐイベント

 「まちで楽しむ」は、学生の地域に関する活動を応援し、「大学の枠を超え」学生と地域をつなぐイベントです。平成25年5月に第1回を開催して以来、年に一回、毎年5月に開催しています。

 一番の特色は、「大人たちではなく、学生自らが企画・運営を行う」ことです。「まちで楽しむ」を開催するためには、実行委員の募集からはじまり、会場の確保・企画会議・業者との打ち合わせ・チラシやポスターの作成と配布・学生団体への発表依頼・市内企業への協賛依頼など、様々な仕事を行う必要があります。もちろん、ブルーベリーリーグの先生方も必要に応じ各種協力や助言をしてくれますが、基本は全て学生のみで行います。


次回の「まちで楽しむ」と、「まちで楽しむ」紹介動画


 次回の「まちで楽しむ」は、平成29年春頃開催予定です。

 現在、平成28年5月に開催された「まちで楽しむ4」で実行委員を務めた学生の一部が、次回開催に向け仲間を集めています。前回の経験を活かすことはもちろんですが、それとは違う「新しい目」や「新しい発想」を取り入れ、「学生同士もっとつながりたい。学生と地域をもっとつなげたい。」と気合十分です。

 自分たちが「まちで楽しむ」をはじめて知ったときの、「何それ」という経験をもとに、「まちで楽しむ」を紹介する動画も制作しました。下記のリンクから是非ご覧ください。


「実行委員会」について


 実行委員会は市内6大学の有志学生で構成されていますが、毎年、どの大学の学生からも、「実行委員は仕事量が多い。開催直前には毎日のように打ち合わせを行うため、授業やアルバイトとの調整が難しい。」という感想が聞かれます。それでも、自分たちが日頃学んでいる分野の特色や強みを活かし、お互いに支え合いながら、活動を続けています。

 なお、今回の実行委員会は「まちで楽しむ」の開催だけではなく、小平市内の学生と学生をつなぐ活動を行う予定です。市内6大学の各種情報を集めたサイトの運営や、学生同士の情報交換イベントも企画中です。

 実行委員の活動に少しでも興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、下記問合せ先までご連絡をお願いします。


これまでに開催した「まちで楽しむ」

 第1回目から、学生団体による活動報告の他に学生・市民・行政の交流会を設定、自由な意見交換を行ってきました。

 第4回目では、交流会とは別に初めてディスカッションの時間を設定。実行委員がファシリテーターを務め、「未来のこだいらでやりたいこと」と「未来のこだいらをどうしたいか」について議論を行いました。また、第1回目では1団体あたり5分程度でお願いしていた活動報告も、大学の校内という広さを活かし2部屋で同時進行。15分間の発表時間を設け、発表者と傍聴者お互いの理解をより深めることができました。


第1回「まちで楽しむ1stStage」

 平成25年5月31日(金曜)・ルネこだいらレセプションホール

第2回「まちで楽しむ2ndStage」

 平成26年5月30日(金曜)・ルネこだいらレセプションホール

第3回「まちで楽しむ3rdStage」

 平成27年5月29日(金曜)・ルネこだいらレセプションホール

第4回「まちで楽しむ4 小平7つの視点」

 平成28年5月22日(日曜)・武蔵野美術大学2号館


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所1階
市民協働・男女参画推進課市民協働担当
電話:042-346-9809
Fax:042-346-9575

このページの先頭へ