小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 健康・福祉 の中の 白梅学園大学連携療育事業  春の交流演劇ワークショップ

更新日:2017年2月3日

作成部署:健康福祉部 障がい者支援課

白梅学園大学と小平市が連携して実施している療育事業です。
白梅学園大学杉山ゼミナールの協力で、 
障がいのある子もない子も、大学生と一緒に、
演劇仕立てで学内を冒険します。
春をむかえる季節に、素敵な思い出をつくりませんか。

演劇ワークショップといっても、演劇を学ぶのではなく、

白梅学園大学の学生たちが企画したフィクション(空想)の世界で、

壮大なごっこ遊びを楽しみます。

大学に子どもたちが集まると、

そこから2日間、

奇想天外なストーリーが始まります。  


※ この演劇ワークショップは、

  夏休みと春の年2回開催しています。



タイトル

  みんなにんじゃだ!

  にんにんにんじゃのどろろん伝説 卍


日時

  3月4日(土曜)、5日(日曜)

  午後1時30分~4時


場所

   白梅学園大学構内


費用

   無料


対象

   小平市内在住で、2日間とも参加できる小学生。

   特別支援学校または特別支援学級に通う小学生、

   通常学級に通う小学生。


   ※障がいの種別は問いませんが、

    保護者の方と離れた活動になります。

   ※未就学(通園中)の弟や妹の同時参加も可能です。

    申し込みの際、お知らせください。

 

定員

  25人  


内容

  忍者見習いの「はなまる」と「ももきち」は、

  りっぱな忍者になるために毎日修行をしています。

  そんなある日……


 ※ 安全を考慮して、お子さんと学生が一緒に行動します。

 ※ 両日、保護者の方の参観は遠慮していただいています。

 ※ 小平市や研究機関に報告するため、

   写真などの撮影をさせていただきます。


主催

   白梅学園大学、小平市


申込み

  2月22日(水曜)までに、

  はがきまたはファクシミリで、

  保護者氏名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス

  およびお子さんの名前・性別・学校名・

  学年(特別支援学級の場合は学級名)・

  通級の方は通級先を、

  未就学(通園中)の弟や妹の同時参加を希望する場合は、

  名前・年齢・園名を記入のうえ、

  白梅学園大学小平市連携事業事務局

  (〒187-8570 小川町1-830)へ   

  FAX番号 042(346)5652


 ※ 申込みが定員を超えた場合は抽選になります。

   結果は後日連絡いたします。


その他

  ワークショップ参加時に配慮してほしいことがあれば、

  申込みの際に記入しておいてください。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階
障がい者支援課相談支援制度担当
電話:042-346-9540
Fax:042-346-9541

このページの先頭へ