小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 出産・子育て の中の 小平版ネウボラ「ゆりかご・こだいら」事業スタート

更新日:2017年8月20日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

妊娠期から出産、子育て期にわたる切れ目ない支援を目指して「ゆりかご・こだいら」事業が9月1日よりスタートします。

この事業の一つとして、「マタニティサポート面談」を、妊娠届出をされたすべての妊婦さんに実施します。

ネウボラとは

フィンランド語で「相談・アドバイスの場」を意味します。


マタニティサポート面談

妊娠中に感じる悩みや不安、赤ちゃんが生まれてからの心配事などに保健師や助産師などの専門職員が相談をお受けします。相談の中でお一人お一人に合ったサポートをご提案します。

また、面談が終了された方には、9月1日から育児パッケージ(こども商品券1万円分)をお渡しします。

面談方法

●健康センターで妊娠届出を行った方は、その場で面談を実施します。(お時間がない方は後日予約でご利用できます。)

●妊婦本人以外の方の届出や東西主張所、土曜窓口で届出をされた方には「マタニティサポート面談」のご案内をお渡しします。

後日ご予約いただき、健康センターへ面談にお越しください。

面談時間

お一人30分程度


対象

平成29年4月1日以降に妊娠の届出をされた方


問合せ

健康センター 保健指導担当

電話 042-346-3701


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ