小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 市政情報・相談 の中の 市長が「おとう飯(はん)」サポーターになりました

更新日:2017年11月9日

作成部署:地域振興部 市民協働・男女参画推進課

内閣府が推進する「“おとう飯(はん)”始めよう」キャンペーンに小林市長が参加し、サポーターになりました。

 内閣府男女共同参画局では、男女共同参画社会の実現をめざし、子育て世代の男性の家事・育児等の中で、料理への参画促進を目的とした、「“おとう飯(はん)”始めよう」キャンペーンを実施しています。

 このキャンペーンに賛同し、小林正則市長が、小平市の郷土料理である、「糧(かて)うどん」を作り、応援メッセージを発信しました。 

 ぜひ内閣府のホームページもご覧ください。  ※おとう飯サポーター内閣府男女共同参画局ホームページへ(外部リンク)

応援メッセージ

 家族のための料理の時間は お父さんのハッピータイム。家族で協力、地元で買い物、地場野菜で簡単料理、作ってみませんか。

 ~小平産の地粉うどんと新鮮野菜で、簡単「糧(かて)うどん」を作りました~

 小平は、昔から水が乏しく、正月や冠婚葬祭、人が集まる時は畑で収穫した地粉で手打ちうどんを打つ習慣がありました。糧(かて)うどんは、冷たい盛うどんを温かい濃いめのつゆにつけて食べます。野菜は、収穫された季節の野菜をゆでて添えます。当日は、地粉うどんと野菜をゆでて簡単「糧うどん」にしました。今日の料理にいかがですか。お父さん。

 

おとう飯の心得

 “おとう飯”は立派な料理でなくて いいんです。簡単に手間をかけず、多少見た目が悪くてもおいしければそれが「おとう飯」です。


 おとう飯の心得

 一つ、手早く

 一つ、簡単に

 一つ、リーズナブルな食材で

 一つ、家の調味料を使う

 一つ、後片付けは最後まで

 おとう飯、見守っててね、おかあはん

※おとう飯の心得 内閣府男女共同参画局ホームページはこちら(外部リンク) 

 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe社のサイトからダウンロードできます。(新規ウィンドウが開きます)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所1階
市民協働・男女参画推進課男女共同参画担当
電話:042-346-9618
Fax:042-346-9575

このページの先頭へ