小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 健康・福祉 の中の 麻しん(はしか)が流行しています

更新日:2018年4月27日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

 平成30年4月現在、沖縄県で麻しん(はしか)が流行しています。
 今後、沖縄へ行く予定のある方は、下記の沖縄県ホームページ(外部リンク)をご覧になり、対策を取っていただくようお願いいたします。

麻しんとは

 麻しんは、麻しんウイルスの感染によって起こる感染症です。ウイルス感染後、約10~12日の潜伏期の後、発熱や鼻水、咳、目の充血等が認められます。この症状が数日続いた後、全身性の発疹が現れ高熱は更に3~4日続きます。

 感染から回復までの約1か月間は免疫機能が低下するため、脳炎や肺炎等の重篤な合併症を引き起こす場合もあり注意が必要です。


麻しんの詳細や最新情報について

 下記の、東京都感染症情報センター(外部リンク)や厚生労働省「麻しんについて」(外部リンク)を参照してください。


麻しん・風しん混合(MR)ワクチンについて

 下記の、国立感染症研究所「麻しん・風しん混合(MR)ワクチン接種の考え方」(外部リンク)を参照してください。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ