小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の 市報こだいら の中の 市報こだいらバックナンバー

 

■家庭の地震対策を万全に

宮城県北部の地震では、家具などの転倒や棚からの落下物により、室内でけがをした人が目立ちました。

身近な地震対策として、家具を固定するなど家の中の環境に気を配り、家屋や塀などを耐震補強し、水や食料を3日分程度用意しましょう。

地震が起きたら、慌てずに自分の身を守り、ドア、窓を開けて避難路を確保し、ガスの元栓、ブレーカーを落とすなど火の始末をしましょう。

また、安否確認などの電話が集中すると、固定・携帯電話ともにつながりにくい状況となります。家族の安否情報などは災害用伝言ダイヤル「171」を利用しましょう。

問合せ 防災対策課TEL:042(346)9519

▲目次へ

 

■市制施行41周年記念式典

市制施行41周年を記念して、市の行政に功労のあった方々を表彰する式典を行います。

式典にはアトラクションとして、ヴァイオリンの演奏や大道芸もあり、ご来場の方には入場整理券と引き換えに小平洋菓子組合加盟店で小平銘菓と引き換えられる記念品引換券を贈呈します。

とき 10月1日(水) 午前10時~正午 受付9時30分

ところ ルネこだいら大ホール

費用 無料

定員 800人(抽選)

内容

  • 記念式典
  • アトラクション…ヴァイオリン演奏・松井利世子(第4回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールヤングアーティスト部門第1位)、大道芸・中国雑技芸術団(東京都選定ヘブンアーティスト登録団体)

申込み 8月29日(金)まで(消印有効)に、世帯ごとに、はがきまたは電子メールに住所、氏名、電話番号、申込み人数を記入のうえ、問合せ先へ(電話・ファクシミリ不可)

※結果は9月19日以降に通知します(当選された方の通知が入場整理券になるため、当日会場へお持ちください)。

問合せ 庶務文書課(〒187-8701 小平市役所)TEL:042(346)9511、電子メールbunsyo@city.kodaira.tokyo.jp

▲目次へ

 

■子宮がん・乳がん検診申込み

とき 10月14日(火)~11月22日(土)

ところ 指定医療機関

費用 無料

対象 30歳以上(昭和49年3月31日以前に生まれた方)で市内に住民登録または外国人登録のある女性

※以前に精密検査を受けて現在、医療機関で治療中か経過観察中の方、申込み後に市外に転出された方は、受診できません。

定員 各2,350人

申込み 8月26日(火)までに、はがきに必要事項(下図参照)を記入のうえ、問合せ先へ(電話不可、定員になりしだい締め切り)

子宮がん・乳がん検診申込書

1.住所 小平市

2.氏名(ふりがな)

3.生年月日

明・大・昭_________

4.電話番号

__________

5.検診項目

希望する検診の番号にマルを付けてください。

  1. 子宮がん検診のみ
  2. 乳がん検診のみ
  3. 子宮がん検診と乳がん検診

※春期に申込みをして検診期間内に受診していない方は改めて申込みができます(検診は1人年1回です)。

※健康センター、健康福祉事務センター2階、東部・西部出張所、動く市役所に置いてある申込用紙でも申込みができます。

※1人につき、はがき1枚で申し込んでください。

※検診票は9月22日(月)に発送予定です。

問合せ 健康センター(〒187-0043 学園東町1丁目19番12号)TEL:042(346)3700

▲目次へ

 

■成人歯科健診(秋期)

とき 10月1日(水)~11月29日(土)

ところ 指定医療機関

費用 無料

対象 40歳以上(昭和39年3月31日までに生まれた方)で、市内に住民登録、外国人登録のある方で今年度、まだ受診していない方

定員 200人

申込み 8月25日(月)までに、はがきに「成人歯科健診申込書」と明記し、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、性別、電話番号を記入のうえ、問合せ先へ(はがき1枚に1人のみ記載)

※電話不可、定員になりしだい締め切ります。

問合せ 健康センター(〒187-0043 学園東町1丁目19番12号)TEL:042(346)3700

▲目次へ

 

■リフレッシュ教室

生活習慣を見直しながらウォーキングと食事による健康づくりの方法を学んでみませんか。

とき

  • 9月コース…9月8日(月)午前、11日(木)午後、25日(木)午前、26日(金)午前
  • 10月コース…10月6日(月)午前、9日(木)午後、23日(木)午前、24日(金)午前

ところ 健康センター

費用 無料

対象 平成15年4月1日以降に健診を受診し、その結果が血圧、総コレステロール、BMI、血糖値などについて要指導でほかに要医療がなく、全日程に参加できる方

※以前リフレッシュ教室に参加された方はご遠慮ください。

定員 各コース12人

内容 講話、運動実技、個別相談、運動負荷試験

申込み 健康センターへTEL:042(346)3700

▲目次へ

 

■親と子の健康相談「たんぽぽ広場」

お子さんの発育、育児などについて、保健師、管理栄養士、歯科衛生士が相談に応じます。保育士による親子遊びの紹介もしています。

とき 9月3日(水)

受付 午前9時30分~10時30分

ところ 健康センター

対象 生後4か月~4歳未満の乳幼児とその保護者

内容 計測、個別相談

※個別相談を希望する方は、母子健康手帳をお持ちください。

申込み 当日、会場へ

問合せ 健康センターTEL:042(346)3700

▲目次へ

 

■乳幼児医療費助成制度 申請はお早めに

義務教育就学前の乳幼児を養育している方に、乳幼児に係る医療費の一部を助成しています。

一定の所得制限がありますが、1歳未満の乳児を養育している方については所得の制限がなく、すべての方が助成を受けられます。

医療費の助成を受けるには申請が必要になりますので、所得制限(下表)を確認のうえ、申請してください。

なお、健康保険に加入していないなど、対象とならない場合もあります。

乳幼児医療費助成所得限度額
扶養家族などの数所得限度額
0人4,600,000円
1人4,980,000円
2人5,360,000円
3人以上1人につき
380,000円加算

※現在受給している方で現況届を提出していない方は早めに提出してください。

申請先 児童課、東部・西部出張所、動く市役所

※平成14年分合計所得から一律控除額(8万円)および医療費控除などの各種控除額を差し引いた額が、所得限度額未満の場合に受給できます。

※上表の所得限度額の助成対象期間は平成15年10月1日~平成16年9月30日です。新たに対象となる方は9月末までに申請してください。

問合せ 児童課TEL:042(346)9544

▲目次へ

 

■マル障心身障害者医療費助成制度(9月は更新月です)

9月は、マル障受給者証の更新月です。現在お持ちのマル障受給者証は、8月31日で期限が切れます。

次の方には、新しいマル障受給者証(水色)を8月下旬にお送りします。

新しいマル障受給者証(水色)は、9月1日からお使いください。期限切れの マル障受給者証は、9月以降に返却してください。

  1. 市区町村民税非課税の方には、マル食表示のマル障受給者証をお送りします(入院時の食事療養費の負担のみです)
  2. 所得制限基準額内の方には、マル一部マル食表示のマル障受給者証をお送りします(医療費の1割負担です)

※1、2以外の方は、助成事由消滅通知書をお送りします。

※身体障害者手帳1級、2級、3級(障害の内容による)の65歳以上の方で、まだマル老医療受給者証の手続きをしていない場合は、高齢者福祉課医療係(市役所1階、TEL:042(346)9538で手続きをしてください(身体障害者手帳、健康保険証、印鑑持参)。

問合せ 障害者福祉課(健康福祉事務センター1階)TEL:042(346)9540

心身障害者医療費助成所得制限基準額
扶養家族などの数基準額
0人3,604,000円
1人3,984,000円
2人4,364,000円
3人以上1人につき
380,000円加算

▲目次へ

 

■医療費のお知らせをお送りします(国民健康保険)

市の国民健康保険(国保)では、皆さんが平成15年5月に、病気やケガにより病院などで受診した医療費(老人保健法診療分、請求遅れの分を除く)のお知らせを8月下旬にお送りします。ただし、柔道整復師(接骨師)の施術を受けた医療費は、平成15年6月に東京都国民健康保険団体連合会(連合会)の審査を経て、市に請求があったものです。

<医療費についてご理解を>

このお知らせは、皆さんの医療費に対する認識を深めていただき、保険診療の受け方、健康の大切さ、国保制度などについてご理解いただくために行うものです。

お知らせする内容は、受診(施術)年月、受診者(施術を受けた方)の氏名、医療機関の名称(柔道整復師の氏名)、入院・通院・歯科・薬局・接骨の別、入院・通院の日数(接骨の場合はお知らせの対象になっていません)、自己負担額を含む医療費の総額(保険適用分のみ)、標準負担額を含む食事療養費の総額です。

なお、このお知らせを受けても特に手続きをする必要はありません。

<医療費支払いの仕組み>

国保の医療費支払いの仕組みは以下のとおりです。

例えば、6月に受診した場合、医療機関などは、7月10日までに審査機関である連合会へ診療報酬明細書(レセプト)を提出します。

連合会は、このレセプトを審査し、8月11日に市に送り、同時に医療費の請求をします。

請求を受けた市では、8月22日までに連合会に医療費を支払います。そして、そこから各医療機関などに支払われます。

このように、医療機関などから市に請求が来るのは、受診月から2か月後となります。

問合せ 保険年金課TEL:042(346)9529

▲目次へ

 

■10月1日からパソコンは収集できません

▼メーカーなどによるリサイクルがはじまります

資源有効利用促進法に基づき、10月1日(水)から、家庭で不用になったパソコンの回収・リサイクルが開始されます。

今まで粗大ごみとして収集・処分していた家庭用パソコンは、収集できなくなります。9月30日(火)の申込み分までは、市で収集します。

10月1日以降の処分方法は、メーカーなど回収義務者がいるパソコンは、所有者が直接、メーカーなどに申し込んで処分することになります。また、製造業者のない自作パソコンなどで、回収義務者がいないパソコンは、(社)電子情報技術産業協会に申し込んで処分することになります。いずれも回収再資源化料金が必要になります(ゆうパックで回収する予定)。回収再資源化料金や回収方法などは、各メーカーに問い合わせてください。

問合せ リサイクル推進課TEL:042(346)9535

▲目次へ

 

■生ごみ処理機器購入に補助

ごみ減量と生ごみの自家内処理推進のため、生ごみ処理機器を購入された方に、下表の金額を補助しています。

対象機種 コンポスト容器、EM菌などを利用した密閉バケツ、電動型生ごみ処理機

※ディスポーザーなど前記以外の機種については購入前に相談してください。

※集合住宅や自治会などで、共同で購入する場合は生ごみリサイクルのモデル事業に参加いただくと、補助額が増加します。事前に問い合わせてください。

※電動型生ごみ処理機でできた処理物を市役所、東部・西部出張所で回収しています。ご希望の方は、問合せ先までご連絡ください。

問合せ リサイクル推進課TEL:042(346)9535

生ごみ処理機器購入費補助金
一日当たりの処理能力補助金額
5kg以上 (業務用)購入金額の2分の1 上限30万円
5kg未満(一般家庭用)購入金額の2分の1 上限3万円
※100円未満の端数は切り上げ

▲目次へ

 

■2003年第8回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール受賞者決まる

豊かな才能を秘めた若き音楽家を発掘し、世界への飛翔の場を提供することを目的とした「第8回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール」の本選審査会が8月2日にルネこだいらで行われ、受賞者、入選者が決まりました。

<ジュニア・アーティスト部門>

  • 第1位…對馬佳祐さん(調布市立第八中学校3年)
  • 第2位…加藤小百合さん(東京音楽大学付属高等学校2年)
  • 第3位…城達哉さん(志木市立志木第二中学校2年)
  • 入選者…藤井杏子さん(川崎市立白鳥中学校)、伊藤愛さん(東京音楽大学付属高等学校)、石崎諒子さん(東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校)

<ヤング・アーティスト部門>

  • 第1位…上原美喜子さん(桐朋学園大学音楽学部4年)
  • 第2位…相本朋子さん(山口県立下松高等学校3年)
  • 第3位…岸田晶子さん(東京芸術大学音楽学部卒、ヴェルサイユCNR(仏))
  • 入選者…佐藤悠紀さん(桐朋学園大学)、木村友紀さん(桐朋学園大学)、常光今日子さん(東京音楽大学付属高等学校卒)

各部門の受賞者は、11月24日(月・振休)、新日本フィルハーモニー交響楽団との共演による受賞者発表演奏会に出演します。

問合せ (財)小平市文化振興財団TEL:042(345)5111

▲目次へ

 

■敬老祝金を贈呈

長寿をお祝いして、敬老祝金をお贈りします。

対象

  • 77歳(大正14年9月16日~大正15年9月15日生まれ)…5,000円
  • 88歳(大正3年9月16日~大正4年9月15日生まれ)…1万円
  • 95歳(明治41年4月1日~明治42年3月31日生まれ)…2万円
  • 100歳(明治36年4月1日~明治37年3月31日生まれ)…5万円

贈呈方法 9月6日(土)~15日(月・祝)に民生委員がお届けします(印鑑を用意してください)

※対象者の方には8月22日ごろに通知書をお送りします。

※この期間中に住所変更または長期間留守にする場合は連絡してください。

問合せ 高齢者福祉課医療係(市役所1階)TEL:042(346)9538

▲目次へ

 

■市民総合体育館臨時休館

体育館の設備修繕、プールの水の入れ替えおよび清掃のため臨時休館します。

臨時休館日 9月2日(火)

※9月1日(月)は、通常の休館日です。

問合せ 市民総合体育館TEL:042(343)1611

▲目次へ

 

■第28回小平市民まつり出店団体募集

恒例の市民まつりを、10月19日(日)、あかしあ通りを中心に開催します。

模擬店部門に出店を希望する団体・サークルの方は申し込んでください。

出店会場 仲町第二公園内

出店条件

  • 個人および企業の出店はできません
  • 福祉活動団体やボランティア活動をしている団体などに限定し、営利活動をしている団体の出店はできません
  • 食品を調理する出店の場合、品目数は1店1品目となります(飲料類を除く)※各自で保険に加入してください。

※出店区画数に限りがありますので、申込み多数の場合は抽選になります。

申込み 8月29日(金)(土曜・日曜日を除く)の午後5時までに、小平商工会へ(電話不可)

問合せ 小平商工会TEL:042(344)2311、市民まつり実行委員会事務局TEL:042(346)9532

▲目次へ

 

■土曜日学童クラブ臨時職員募集

▼学童クラブ指導員の補助者・児童の介助者

職務内容 市立小学校に併設している学童クラブでの小学校低学年児童の保育

応募資格 18歳以上(高校生を除く)の健康な方で、障害児などに理解のある方

勤務期間 10月4日~平成16年3月27日の土曜日

勤務時間

  1. 午前8時30分~午後1時30分
  2. 午後1時~6時

※2は第2・4土曜日のみ。

募集人数 各20人程度

※採用者は、後日、事前事務説明会を行います。

賃金 時給890円

申込み 履歴書(写真をはったもの)を問合せ先へ本人が持参

問合せ 児童課TEL:042(346)9543

▲目次へ

 

■高齢者向け都営住宅(地元割当)入居者募集

市内に居住する65歳以上の高齢者を対象に、都営高齢者住宅(シルバーピア)の入居者を募集します。

シルバーピアは、高齢者が安全で快適な日常生活を送れるように配慮された住宅です。

募集場所・募集戸数

▼単身用あき家

  • 学園東町57-2(学園東町第2)…1戸
  • 小川西町5-39(小川西町五丁目)…2戸
  • 小川西町2-2(小川西町二丁目)…1戸
  • 大沼町1-170-3(大沼町一丁目第3)…1戸
  • 大沼町1-128-1(大沼町一丁目)…1戸
  • 大沼町1-128-1(大沼町一丁目第2)…4戸

※間取りは、和室6畳・ダイニングキッチン。

▼世帯用(2人)あき家

  • 花小金井4-21(花小金井四丁目)…2戸
  • 小川西町4-18(小川西町四丁目)…1戸
  • 大沼町1-128-1(大沼町一丁目)…1戸

※間取りは、和室6畳、和室6畳、ダイニングキッチン(花小金井四丁目は和室6畳・洋室6畳以下同じ)。

申込資格 次の1~4のすべてに当てはまる方

  1. 市内に3年以上居住している65歳以上(外国人登録者を含む)
  2. 所得が単身用は321万6,000円以下。世帯用は359万6,000円以下
  3. 単身用は現に居住する親族がいない方。世帯用は同居親族が65歳以上(ただし配偶者はおおむね60歳以上)である方
  4. 住宅に困っている方

※平成15年8月に東京都が実施した募集に応募した方も、今回の地元割当募集に申し込みできます。

※抽選により当選した対象者を資格審査したうえで、入居者として決定します。

※詳細は申込みのしおりをご覧ください。

申込用紙配布 8月26日(火)~29日(金)、9月1日(月)・2日(火)の午前8時30分~午後5時 高齢者福祉課、東部・西部出張所、動く市役所

申込み 9月2日(火)まで(土曜・日曜日を除く)の午前8時30分から午後5時までに、高齢者福祉課(健康福祉事務センター内)へTEL:042(346)9642

▲目次へ

 

■小平市リサイクルフェスティバル’03

~見えるリサイクル宣言 多摩六都ごみ減量・リサイクル推進キャンペーン~

今年のテーマは「見えるリサイクル宣言」です。わたしたちが分別した資源がリサイクルによって再生利用・再使用されるまでを見届けてみましょう。

とき 9月6日(土) 午前10時~午後3時

※雨天の場合は、7日(日)に順延。7日も雨天の場合は中止。

ところ 福祉会館前市民広場周辺

※車での来場はご遠慮ください。

▼主な内容

  • フリーマーケット(100店)
  • こだいらっ子リサイクル作品展(市内小・中学校の皆さんによるリサイクル作品を展示)
  • 私のリサイクル作品展(健康センター)…9月12日(金)まで
  • ちびっこ広場…武蔵野美術大学の学生といっしょにポスター作り。巣箱作り、木工教室、牛乳パック紙すきほか
  • おもちゃ病院(壊れたおもちゃをその場で修理)
  • ステージ広場…小平よさこい音頭、大道芸、バンド演奏、鼓笛隊、ジャズダンス、ロックダンス、ハワイアンダンスほか
  • 展示広場…生ごみ処理機器ほか
  • カラーボックスやパイプハンガーなど粗大ごみで出た小物類無料配布
  • 飲食コーナー…焼きそば、焼き鳥、かき氷、ジュースほか(容器デポジット方式、食器持参の方は割引があります)
  • 市役所、小学校の生ごみ処理機で処理された「たい肥」の無料配布
  • せんてい枝ウッドチップの無料配布
  • 環境クイズによるスタンプラリーで粗品進呈

※都合により、一部内容を変更する場合があります。

主催 小平市リサイクルフェスティバル実行委員会、小平市

問合せ リサイクル推進課TEL:042(346)9535

▲目次へ

 

■小平ふるさと村(9月の行事と催し)

▼子ども折り紙遊び

簡単な折り紙を作って遊びます。

とき 9月6日(土) 午前10時~正午、午後1時~3時

費用 無料

申込み 当日、会場へ

▼秋の虫の音を楽しむ会

秋の夜にスズムシ、マツムシ、カンタンなどの虫の音を「日本鳴く虫保存会」の小野公男さんの解説で楽しみます。

とき 9月12日(金) 午後7時30分~8時30分

※雨天中止。

費用 無料

協力 日本鳴く虫保存会

申込み 当日、会場へ

▼郷土学習・麦わら、竹細工

とき 9月13日(土) 午前10時~午後2時30分

費用 無料

対象 成人

定員 10人

申込み 8月21日(木)の午前10時から、電話で問合せ先へ

▼十五夜飾りの展示

すすきを飾り、だんごや秋の収穫物を供えます。

とき 9月19日(金)~21日(日)

▼郷土学習・小麦の製粉

ふるさと村で収獲した小麦を、水車と手回しの石うすを使って製粉します。

とき 9月20日(土) 午前10時~午後2時30分

※来園者参加可。

▼郷土学習・粉食文化を学ぶ、手打ちうどん作り

とき 9月27日(土) 午前10時~午後2時

費用 300円

対象 成人

定員 10人

協力 小平郷土研究会粉食文化研究会

申込み 8月21日(木)の午前10時から、電話で問合せ先へ

問合せ 小平ふるさと村TEL:042(345)8155

▲目次へ

 

■高齢者福祉大会

とき 9月17日(水) 正午開場、午後1時開会

ところ ルネこだいら大ホール

※駐車場はありません。

費用 無料

対象 市内在住の60歳以上の方

内容

  • 第1部(式典)…満90歳を迎える方の表彰、敬老祝金・金婚記念品を代表の方へ贈呈
  • 第2部(演芸)…司会・中原由里子、幼稚園児による遊戯、高齢クラブ代表の新舞踊、マジックショー(亜羅仁&有加)、落語(三遊亭小圓右)、歌(コーラスけやき)

主催 小平市、小平市社会福祉協議会

申込み 当日、会場へ

※入場多数の場合は、入場制限する場合があります。

※高齢クラブの会員は、各会長に問い合わせてください。

問合せ 高齢者福祉課TEL:042(346)9642、小平市社会福祉協議会TEL:042(344)1217

▲目次へ

 

■事業者のための環境講座

▼環境にやさしい経営でコスト削減

事業者は、環境に配慮した経営をする必要があります。環境にやさしい事業活動は、経費の削減などにつながります。

とき 9月18日(木) 午後2時~4時

ところ 市役所2階201会議室

費用 600円(テキスト代実費)

対象 市内事業者とその従業員

定員 20人

内容 環境経営の必要性、エコアクション21(環境省主唱)の概要解説ほか

申込み 8月29日(金)までに、電話で、環境保全課へ(先着順)TEL:042(346)9536

▲目次へ

 

■図書館講演会「学童疎開の子どもたち」

▼小平に疎開した子どもたち

学童疎開を次世代に語り継ぐ活動を続けている立場から、子どもたちにとって学童疎開とは何であったかを話してもらいます。

とき 9月14日(日) 午後2時~4時30分

ところ 小川西町公民館ホール

対象 中学生以上

定員 50人

講師 蓮田宣夫さん(全国疎開学童連絡協議会会員)

※車での来場はご遠慮ください。

申込み 8月21日(木)の午前10時から、小川西町図書館へ(電話可、先着順)TEL:042(343)1200

▲目次へ

 

■市民講座「初めて習う囲碁」

とき 9月6日~11月22日(10月25日、11月8日を除く)の土曜日 午後1時~3時 全10回

ところ 上水南公民館

費用 学級費300円

対象 小学生以上の市民

定員 20人

講師 宮崎健さん(日本棋院四段)ほか

申込み 8月23日(土)までの午前9時から午後5時までに、上水南公民館へ(電話可、申込み多数の場合は抽選し、8月27日(水)に当選者のみに連絡)TEL:042(325)4133

▲目次へ

 

■市民講座「仲間と地域で子育て」

▼楽を目指して

とき 9月10日~11月5日の水曜日、11月7日(金) 午前10時~正午 全10回

ところ 上宿公民館

費用 学級費200円

対象 市民

定員 20人

※保育10人(6か月児から学齢前まで)あります。

内容 悩みの解決ほか

講師 佐々加代子さん(白梅学園短期大学教授)ほか

申込み 8月27日(水)まで(24日(日)・25日(月)を除く)の午前9時から午後5時までに、上宿公民館へ(電話可、申込み多数の場合は抽選し、8月28日(木)に当選者のみに連絡)TEL:042(345)1164

▲目次へ

 

■市民講座「乳幼児期の子育てをみつめて」

▼楽しくいっしょに子育てを

とき 9月12日~11月14日(10月24日を除く)の金曜日 午後1時30分~3時30分、10月11日(土) 午前10時~正午 全9回

ところ 花小金井北公民館

費用 無料

対象 市民

定員 25人

※保育15人(6か月児から学齢前まで)あります。9月5日(金)に保育オリエンテーションを行います。

内容 乳幼児期のからだ、遊び・音楽ほか

講師 佐々加代子さん(白梅学園短期大学教授)ほか

申込み 8月30日(土)まで(24日(日)・25日(月)を除く)の午前9時から午後5時までに、花小金井北公民館へ(電話可、申込み多数の場合は抽選し、9月3日(水)までに当選者のみに連絡)TEL:0424(62)5790

▲目次へ

 

■市民講座「今、憲法はどのような状況にあるか」

憲法の歴史や仕組み、問題点を考え、現在の視点からその意義を学びます。

とき 9月18日~11月27日の木曜日 午前10時~正午 全11回

ところ 中央公民館

費用 2,800円(教材費を含む)

対象 市民

定員 60人

※保育10人(6か月児から学齢前まで)あります。9月11日(木)に保育オリエンテーションを行います。

内容 日本国憲法の50年、施設見学会ほか

講師 杉原泰雄さん(一橋大学名誉教授)

申込み 8月28日(木)まで(月曜日を除く)の午前9時から午後9時30分までに、中央公民館へ(電話可、申込み多数の場合は抽選し、9月10日(水)までに当選者のみに連絡)TEL:042(341)0861

▲目次へ

 

■土曜子ども広場「友・遊」

日程 下表のとおり

ところ 中央公民館

費用 無料

対象 小・中学生

※子どもたちといっしょに遊んでいただける方も参加してください。

※囲碁・将棋・折り紙・トランプなどは、「友・遊」開催中いつでもできます。

申込み 当日、会場へ

問合せ 中央公民館TEL:042(341)0861

「友・遊」日程
ときメインメニュー
9月6日(土)午前10時~正午昆虫博士になろう(先着50人)
※筆記用具持参。
午後1時30分~3時手乗り虫と遊ぼう
9月13日(土)午前10時~正午子ども映画会(先着60人、視聴覚室)
・子リスキャンディの冒険ほか
午後1時30分~3時30分子ども映画会(先着60人、視聴覚室)
・アルプスの少女ハイジ
9月20日(土)午前10時~正午見て、聞いて演奏を楽しもう(視聴覚室) 「マリンバとアンクロン」
午後1時30分~3時30分紙飛行機・紙トンボを作ろう
9月27日(土)午前10時~正午カレーを作って食べよう(先着30人、実習室、参加費200円)
※エプロン、タオル持参。
午後1時30分~3時30分音楽と遊ぼう(リトミック・レクリエーション、視聴覚室)

▲目次へ

 

■みんなで楽しめるニュースポーツデー

とき 9月7日(日) 午前10時~午後4時

ところ 市民総合体育館

費用 無料

対象 市内在住・在勤・在学の方

種目 フライングディスク、インディアカ、ラージボール卓球、スポーツチャンバラ、ソフトバレー、ネオテニス、輪投げ

指導 小平市体育指導委員

※運動のできる服装で、上履きを持参してください。

主催 小平市教育委員会

申込み 当日、会場へ

問合せ 市民総合体育館TEL:042(343)1611

▲目次へ

 

このページの先頭へ