トップ > イベント > 市民交流事業 高次脳機能障害 自分らしく生きるために Q&A

市民交流事業 高次脳機能障害 自分らしく生きるために Q&A

更新日: 2019年(平成31年)2月20日  作成部署:健康福祉部 障がい者支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

カレンダーに登録

  • 終了しました

1月19日に「高次脳機能障がい」をテーマにした市民交流事業を実施しました。大勢の方にご参加いただき、講演終了後、高次脳機能障がいのリハビリテーションについて多岐にわたる質問をいただきました。回答をまとめましたので添付資料をぜひご覧ください。

開催日
2019年1月19日(土曜)
中分類
障害者
対象
なし
ジャンル
催事・イベント
事前申込
不要
託児
なし

市民交流事業

1部 基調講演

2部 当事者の体験から

とき

平成31年1月19日(土曜) 午後1時30分~午後4時30分(開場12時45分)

ところ

 清瀬けやきホール(清瀬駅北口から徒歩4分)
(注)駐車場はありません。

費用

無料

定員

508人(申し込み不要 先着順)

内容

1部 基調講演「リハビリテーション 生活自立に向けて」

田無病院 医師 鴨下 博氏

座長 東京病院 医師 新藤 直子氏

 

2部 当事者の体験から

「車いす生活から歩行自立、そして自分らしく生きる」

入院時の生活や施設での生活、アパートでの生活についてお話を伺います。

主催

北多摩北部地域高次脳機能障害者支援ネットワーク協議会

国立病院機構東京病院(北多摩北部圏域専門的リハビリテーションの充実事業受託医療機関)

協力

東京都心身障害者福祉センター

添付ファイル

パンフレット(JPEG 128.9KB)

市民交流事業質問と回答(Word 33.6KB)

 

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階

障がい者支援課サービス支援担当

電話:042-346-9542

FAX:042-346-9541

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る