こだいらKID'S ぶるべーのさんぽみち

トップ > こだいらキッズ > みんなのひろば! > 子どもの権利(けんり)ってなんだろう?

子どもの権利(けんり)ってなんだろう?

子どもの権利は、世界中のすべての子どもたちがもっている権利です。

戦争(せんそう)にまきこまれてふるえながらくらしていたり、防(ふせ)げる病気(びょうき)で命(いのち)を落としてしまったり、世界には厳(きび)しいくらしをおくる子どもたちがいます。


子どもの権利条約(じょうやく)

世界中の子どもたちを守り、しあわせに育っていけるようにするために、多くの国が集まってある約束事(やくそくごと)を決めました。

これが、「子どもの権利条約」です。

国連(こくれん、国際連合(こくさいれんごう))で平成元年(1989年)に条約が決められ、日本は平成6年(1994年)に国として確認(かくにん)、同意(どうい)しました。


「子どもの権利」4つのたいせつなこと

子どもの権利条約は、大きくわけて次の4つの権利を守るように定めています。

そして、子どもにとって一番良いことを実現(じつげん)することをめざしています。


生きる権利

防げる病気などで命をうばわれないこと。

病気やけがをしたら治療(ちりょう)を受けられることなど。

育つ権利

教育(きょういく)を受け、休んだり遊んだりできること。

考えや信じることの自由(じゆう)が守られ、自分らしく育つことができることなど。

守られる権利

暴力(ぼうりょく)や、むごい扱(あつか)いを受けることのないように守られること。

どんなかたちでも、子どもの幸せをうばって利益(りえき)を得(え)るようなことから守られること。

障(しょう)がいのある子どもや、少数民族(しょうすうみんぞく)の子どもなどはとくに守られることなど。

参加する権利

自由に意見(いけん)をあらわしたり、集まってグループをつくったり、自由な活動(かつどう)をおこなったりできることなど。


子どもって何歳(さい)まで?

子どもの権利条約でいう子どもは、18歳になっていないすべての人のことをいいます。



お問合せ先

  • 〒187-8701 
    小平市小川町2-1333 市役所5階
  • 地域学習支援課支援担当
  • 電話:042-346-9834
  • Fax:042-346-9578

▲このページの最初へ