小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の まちづくり・都市計画 の中の まちづくり の中の 平成16年新しいルールづくりに寄せられた意見のまとめ(5)

更新日:2007年10月1日

作成部署:都市開発部 都市計画課

大規模な開発計画の事前周知について

大規模な開発計画の事前周知について
大規模な開発計画の事前周知について、法人土地所有者の説明会には代表者が出席することが望ましい。
大規模宅地開発の事業面積を3000平方メートル以上とする。開発業者が大規模開発に際し、法の網を逃れるため申請面積を細分化して行う場合の規制を条文化するとともに厳しい罰則規定を設けること。大規模開発計画の事前周知
 
 1. 売却前の市への事前相談の義務付け(売却6か月前)
 2. 地元住民への説明会の義務付け(開発申請6か月前)
 
大規模な開発計画の事前周知については、周辺環境に充分配慮して工事を進めてもらえると住民としては安心であると思う。
最低敷地、事前周知などやむをえず売却する方にとってはマイナス要素が深刻に思える。(再掲)
大規模な開発計画の事前周知について、(仮に)売買契約までに1年もかかるようでは売主、買主共に大きなリスクを背負うこととなる。資金に余裕のある一部の企業だけが土地を購入できるようになる可能性もある。企業が所有する遊休地と農地とが同じ土俵で制限を受けるのはおかしい。
大規模な開発計画の事前周知について、適用対象を500平方メートルにするか3000平方メートルにするかによって効果が変わってくると思う。

  建築物の高さの最高限度について

  敷地面積の最低限度について

  公園・緑地の確保について

  大規模な開発計画の事前周知について

  4つの項目以外について

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所4階
都市計画課計画担当
電話:042-346-9554
Fax:042-346-9513

このページの先頭へ