トップ > 文化・スポーツ・市民活動 > 文化・スポーツ・体験学習 > スポーツ > FC東京が市内すべての公立小学校にサッカーボールを寄贈

FC東京が市内すべての公立小学校にサッカーボールを寄贈

更新日: 2019年(平成31年)1月24日  作成部署:地域振興部 文化スポーツ課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市内に練習グランドがあるFC東京から、地元の全公立小学校19校にサッカーボールを寄贈していただけることになりました。

元日本代表・石川直宏さんが、贈呈式でクラブ創設20周年記念ロゴ入りボールを寄贈

小平市は、市内に練習グランドがあるプロサッカーリーグJ1のFC東京から、市内すべての公立小学校19校に、クラブ創設20周年を記念するロゴマークの入った特製サッカーボール(4号球)を寄贈していただけることになりました。各校には20個ずつ、計380個が配られることになります。

平成31年1月24日(木曜)には贈呈式として、2017年シーズンに現役引退し、2018年からFC東京クラブコミュニケーターをしている元日本代表の石川直宏さんが小平市役所を訪れ、古川正之小平市教育委員会教育長にサッカーボールを手渡しました。

石川直宏クラブコミュニケーターからは、「各小学校でサッカーボールを使って走り回っていただけたら。そしてこのボールを見たときに、FC東京が近くにあることを感じて、いつかプロになってくれる子どもが小平から出てきてくれたら」と話してくれました。

サッカーボール贈呈式の画像
古川正之小平市教育委員会教育長(左)と石川直宏クラブコミュニケーター(右)

石川直宏さんもクラウドファンディングを応援

小平市では、FC東京創設20周年を記念してFC東京のチームマスコットの東京ドロンパと、市のシンボルキャラクターの、ぶるべーがコラボレーションしたモニュメント製作を、クラウドファンディングで制作費の一部を寄付金として募りながら行っているなど、クラブとの連携を綿密にしながらまちづくりを進めています。

サッカーボール贈呈式では、石川直宏クラブコミュニケーターからもクラウドファンディング応援ボードを持って、小平市に声援をいただきました。

クラウドファンディングは2月15日(金曜)までです。詳しくは、小平市初 クラウドファンディングで東京ドロンパ・ぶるべーモニュメント制作の寄付金を募集のページをご覧ください。

クラウドファンディング応援ボードを持つ石川直宏クラブコミュニケーター

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

文化スポーツ課スポーツ事業推進担当

電話:042-346-9612

FAX:042-346-9575

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る