トップ > 市政情報 > 市政全般 > 広報 > 小平市における改元に伴う元号による年表示の取扱い等について

小平市における改元に伴う元号による年表示の取扱い等について

更新日: 2019年(平成31年)4月15日  作成部署:総務部 総務課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

小平市が作成する文書等における元号の表記の取扱い等についてお知らせします。

年の表示について

 改元日(5月1日)までに作成する文書等については、改元日以降の日付の年表示は「平成」を使用します。

 (例)平成31年5月1日から平成32年3月31日まで

 改元日以降に作成する文書については、改元日以降の日付の年表示は「令和」を使用します。

 (例)令和元年5月1日から令和2年3月31日まで

年度の表示について

 会計年度の名称について、改元日以降は、当該年度全体を通じて「令和元年度」とします。

改元日以降の「平成」の取扱いについて

 元号が「平成」で表示されている文書等(許可証、証明書、納付書、契約書など)については、改元日以降も法律上の効果は変わらず、有効なものとなります。

 帳票印刷の時期やシステム改修の都合により、改元日以降も「平成」の表記が残る場合がありますが、その場合は「平成」を「令和」と読み替えていただくようお願いします。

 なお、市への提出書類に「平成」を用いて日付を記載した場合についても、有効なものとして取り扱います。

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

総務課文書法制担当

電話:042-346-9580

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る