トップ > 文化・スポーツ・市民活動 > 文化・スポーツ・体験学習 > オリンピック・パラリンピック > 東京2020参画プログラム 2019

東京2020参画プログラム 2019

更新日: 2022年(令和4年)3月28日  作成部署:地域振興部 文化スポーツ課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

2019年度に市内で行われた東京2020公認プログラムをご紹介します。

スポーツ・健康 楽しく体を動かそう

 

新春歩け歩けのつどい 1月5日

ノルディックウォーキング参加者の集合写真
新春歩け歩けのつどい

多くの市民がつどい、新年を祝うとともに、家族で参加できるウォーキングイベントを開催しました。市役所をスタートし、市内西コースを周回するコースの途中で、休憩ポイントを設け、甘酒を提供し、参加者をお迎えしました。

また、スキーノルディック複合のオリンピック金メダリスト荻原健司さんをゲストに迎え、ノルディックウォーキングで市民と一緒に歩き、交流することで、東京2020大会への気運醸成を行いました。

オリンピック・パラリンピック競技を楽しもう 7月27日・8月25日

車いすレーサーを子どもが体験している様子
パラリンピック競技を知ろう

東京2020オリンピック・パラリンピックの1年前期間に合わせ、バスケットボールやボッチャなど、オリンピック・パラリンピックの競技を体験できるイベントを開催し、東京2020大会に向けた気運醸成を行いました。

ノルディックウォーキングや卓球など、子どもから大人まで、障がいの有無に関わらず、誰もがスポーツに親しむことのできる機会をつくることで、市民のスポーツ振興を図りました。

  

ノルディック・ウォーキング体験教室 10月11日~11月30日

ノルディックポールを使って参加者がみんなでウォーキングをしている写真
ノルディック・ウォーキング体験教室

金曜クラスと土曜クラスに分かれ、体力測定や座学、実技など全4回のノルディック・ウォーキング体験教室を行いました。歩くこと以外にも、ノルディックポールを使って簡単にできる体操などもありました。

小平市では、東京2020大会をきっかけとして、誰でも身近な地域で気軽にスポーツを親しみ、健康増進及び介護予防につなげるためのノルディック・ウォーキングを普及しています。

障がい者運動会 5月18日 

玉入れの様子
障がい者運動会

東京2020オリンピック・パラリンピック開催を契機に、障がい者スポーツの理解促進とパラリンピックの気運の醸成を図るため、ブラインドサッカー選手によるデモンストレーションと体験会を行いました。

障がい者運動会は、障がい者が積極的に外出する機会をつくり、健康の増進、親睦交流や障がい者に対する市民の理解と共感を含めることを目的に毎年開催しています。

 

小平グリーンロード歩こう会 4月14日

 

ノルディックウォーキングで玉川上水を歩いている様子の写真
グリーンロード歩こう会

「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれている小平グリーンロード上にある7か所のチェックポイントからスタートするウォーキングイベントを開催しました。新緑の中、参加者の体力に合わせて、1周約21km周ることを目指して、毎年多くの市民が参加しています。

文化 新しい小平を発見

平櫛田中彫刻美術館 展覧会 でんちゅうストラット 7月31日~9月8日

参加者が木彫を体験している様子の写真
木彫ワークショップの様子

武蔵野美術大学、小平市文化振興財団と共催し、彫刻の展覧会とワークショップを開催しました。

展覧会では、平櫛田中の旧宅を会場に、武蔵野美術大学の学生をはじめ、彫刻界の第一線で活躍するゲスト彫刻家の作品を展示しました。

ルネこだいらで開催した木彫のワークショップでは、武蔵野美術大学で彫刻を学ぶ学生が講師となり、参加者は実際に彫刻作品が出来上がっていく過程を、木の香り、肌触り、実際に木を彫る感触や音などを感じながら体験しました。

 教育 新たな自分を見つけよう

親子で空手体験!空手でビシッと決めよう 9月21日~12月21日

参加者が空手を体験している様子の写真
参加者が空手を体験している様子

中央公民館では、東京オリンピック・パラリンピック気運醸成イベントとして、親子で空手を楽しむイベントを開催しました。

オリンピック競技である空手を体験することで、東京2020オリンピック・パラリンピックへの関心・参加意識を高めることができました。

 車いすスポーツレクリエーションでバリアフリーの仲間づくり 10月17日~12月12日 

参加者が車いすスポーツを体験している様子の写真
参加者が車いすスポーツを体験している様子

中央公民館では、車いすスポーツを体験するイベントを実施しました。

車いすでもできる様々なスポーツを実際に体験することで、普段の生活の難しさや配慮しなければならない点に気づき、新たな視点から障がい者への理解を深め、相互に尊重し、理解し合うきっかけとなりました。

 

街づくり みんな優しい街に

人権(LGBT)講座 12月1日

講座の様子の写真
人権(LGBT)講座

今、話題に取り上げられることが多くなった性の多様性について学ぶ講座を行いました。

講座の中では、講師の方が当事者としてかかわっている、メンタルな問題を抱えるLGBT当事者の為の自助グループや、家族やパートナーからの暴力、メンタルヘルスの問題などから貧困におちいり、住まいを失ったLGBTQ当事者へのサポートを考える会などの活動のお話もしていただきました。

 

食・農・文化めぐりん小平2019 8月25日~11月10日

 

コダレンジャーのパネルの画像
食・農・文化めぐりん小平

東京2020大会に向けて、海外や全国から東京に訪れる観光客に、小平にも興味を持ってもらえるよう、市内の魅力的な文化施設めぐりにプラスして、小平産農産物の直売所と小平産農産物を使用した商品を提供する飲食店、さらには文化プログラムをめぐるスタンプラリーを開催しました。

また、競技コダレンジャーにより、オリンピック・パラリンピック競技への興味を深め、東京2020大会への気運醸成を行いました。

 

 持続可能性 未来につなげよう

チャレンジ省エネ in こだいら  7月1日~12月30日

チャレンジ省エネチラシ

小平市では、家庭や事業所で楽しく省エネに取組んでもらえるよう小平市環境家計簿(Web版・アプリ版)を配信しています。

7月~12月の期間を「チャレンジ省エネ in こだいら」とし、前年より電気とガスの使用に伴う二酸化炭素の排出量を削減することを目標に、小平市環境家計簿登録者が省エネに取り組みました。

エコチャレンジの木  9月1日~11月30日

子どもたちが授業を受けている様子の写真
出前授業の様子

小平市では、市民団体や大学と協働し、市内小学校において地球温暖化問題に関する出前授業を実施しており、授業の中で児童に省エネ活動について行動していただく試みとして、「エコチャレンジの木」に取組んでもらっています。

これは、事前に8つの省エネ活動を決め、1カ月で取り組んだ日付や活動の内容をエコチャレンジの木の葉に記入し、二酸化炭素削減量を算出するものです。

 

関連リンク

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた小平市の取り組みやイベントをまとめたページです。

東京2020参画プログラム(外部リンク)

日本全国で行われている東京2020大会に関連したイベントがご覧いただけます。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

文化スポーツ課スポーツ推進担当

電話:042-346-9612

FAX:042-346-9575

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る