トップ > 子ども・教育 > 認定こども園・幼稚園・保育園 > 保育園 > 緊急事態宣言発出を受けた新型コロナウイルス感染症に対する保育施設等の対応について

緊急事態宣言発出を受けた新型コロナウイルス感染症に対する保育施設等の対応について

更新日: 2021年(令和3年)7月9日  作成部署:子ども家庭部 保育課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

緊急事態宣言発出を受けた新型コロナウイルス感染症に対する保育施設等の対応についてまとめました。以下掲載内容をご覧ください。

緊急事態宣言発出に伴う、市内の保育施設の対応につきましては、東京都の要請内容を踏まえて、引き続き感染予防・拡大防止の対策を徹底しつつ、原則、通常どおりの運営を行います。なお、今後の感染拡大状況等によっては対応が変更となる場合があります。

つきましては、保護者の皆様におかれましては、感染対策について下記のとおり引き続きご理解、ご協力をお願いします。

緊急事態宣発出を受けた新型コロナウイルス感染症に対する保育施設等の対応について

1.保育園は開所していますか

開所しています。ただし、保健所の指示等により、保育所等において子どもや職員が感染している場合などに、臨時休園等を行うことがあります。 

2.保育園の利用について

利用自粛要請といった措置は実施いたしませんが、感染症の拡大防止の観点から、ご家庭で保育が可能な場合の家庭保育や、お仕事が早く終わった時の早めのお迎えなどについて、ご協力をお願いします。

3.登園に際してのお願い

(1) 子どもや送迎する方の体温計測

37.5度以上の発熱や咳などの症状(発熱等)が認められる場合は、登園をお控えください。
また、子どもが発熱していた場合は、解熱後24時間経過してからの登園をお願いします。

(2)送迎する方の咳エチケットや手洗いの実施など、体調に十分配慮するようお願いします。

4.保育施設への連絡について

子どもや同居するご家族等が濃厚接触者として特定された場合、PCR検査を受けることとなった場合、PCR検査結果が判明した場合は、保育施設へ速やかにご連絡をお願いします。
検査の結果陰性が確認されるまで(保健所から健康観察期間の指定があった場合はその期間満了まで)、登園を控えることをお願いします。

5.日々の生活についての協力のお願い

保育施設においては、感染症対策を十分に行いながら保育を行っていますが、家庭内感染が増えている状況ですので、保護者の皆様におかれましても、日々の生活において充分ご配慮いただき、感染予防にご協力をお願いします。

6.新型コロナウイルスの感染により保育園の一部または全部が臨時休園になった場合、その期間の保育料や副食費は減免されますか

保育料及び副食費を減免します。減免額については、臨時休園期間の決定時に算定します。 

7.保育園の在園上の相談をしたいが、どのようにすればよいですか

東京都による要請内容等により、就労要件等の入所に関する所定の条件が一時的に満たせなくなる場合の対応については、個別にやむを得ない事情等の聞き取り相談を行いますので、入園・認定担当(042-346-9601)までご相談ください。

8.市内の病児・病後児保育事業は利用できますか

現在のところ市内全ての施設(2施設)で利用できますが、一定の制限があります。 

9.緊急一時保育は利用できますか

通常通り実施しています。 

10.  一時預かり事業は利用できますか

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、利用の制限等を設けている場合があります。
詳しくは利用を希望する一時預かり事業の実施園にお問い合わせください。

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

保育課庶務担当

電話:042-346-9594

FAX:042-346-9200

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る