トップ > 健康・福祉 > 健康 > 新型コロナウイルス感染症関連 > 運動不足解消に 家でもできる健康体操

運動不足解消に 家でもできる健康体操

更新日: 2020年(令和2年)4月27日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウィルスの感染症を予防するために、外出を控えなければならない状況が続いています。運動不足を解消するために自宅でできる運動を紹介します。

全て小平市のオリジナル体操です。ご自身にあった体操を選んで行ってみてください。

パンフレットや、CDとDVDの貸し出しもあります。詳しくは、お問い合わせください(こだ健体操は健康推進課、小平いきらく体操は高齢者支援課となります)。

 

 こだ健体操 動画 歌詞付き 字幕あり

 毎日の健康づくりのために、子どもから大人までどなたでも簡単に行える体操です。足腰や体幹の筋力強化、全身のバランス能力向上、足首・股関節・肩甲骨など関節の柔軟性向上を目的としています。これまで運動習慣のない方も楽しく効果的に運動できます。

体操に含まれる運動

スクワット、もも上げ、つま先立ち、ストレッチ、脳トレなど

継続して行うことで期待される効果

・体幹が鍛えられ、立位や歩行時の姿勢が美しくなる

・足腰の筋力強化により、ヒップアップや下半身が引き締まる

・歩行が安定し、転びにくくなるなど

 

こだ健イス体操 動画 歌詞付き 字幕あり

こだ健体操をいすに座ったままできるようにした体操です。安全で、どなたでも楽しく運動することができます。                    

 

小平いきらく体操 動画 歌詞付き 字幕あり

童謡・唱歌を取り入れて、歌いながらできる体ほぐしの体操です。7分程度の体操です。毎日のちょっとした時間に体を動かしてみましょう。

 小平いきらく体操   立ったバージョン

 

小平いきらく体操 座ったバージョン

 

小平いきらく筋力アップ体操 動画 字幕あり

高齢者の筋肉で落ちやすいと言われる足の筋肉を中心に鍛え、転倒しにくい体づくりを目標に作成しました。

筋力アップに必要な運動のポイント

  1. ちょっと疲れる(ややきつい)くらいの運動
  2. 1回30分程度
  3. 週2回程度続けることをおすすめします。

(注)動画は座ってできるバージョン(約30分程度)に続いて、立ってできるバージョン(約30分程度)が流れます。

 

先の見えない自粛生活、高齢者として気を付けたいポイント

「動かないこと(生活不活発)」により、身体や頭の働きが低下し、歩きにくくなったり、疲れやすくなったりしてフレイル(虚弱)が進んでしまいます。健康的な生活習慣を維持し、抵抗力を下げないように注意が必要となります。

日々の生活を記録するだけでも励みになりますので「元気シニアのための毎日コツコツカレンダー」をダウンロードし、活用してはいかがでしょうか。

感染対策期間中にも健康的な生活を維持するために(東京都健康長寿医療センター研究所作成)(PDF 597.6KB)

元気シニアのための毎日コツコツカレンダー(PDF 152KB)

 

お問合せ先

こだ健体操の問合せ先
〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課保健指導担当
電話:042-346-3701
FAX:042-346-3705

小平いきらく体操の問合せ先
〒187-8701 小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階
高齢者支援課地域支援担当
電話:042-346-9539
FAX:042-346-9498

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る