トップ > 子ども・教育 > 認定こども園・幼稚園・保育園 > 保育園 > 保育の提供の縮小について(利用自粛の延長のお願い)

保育の提供の縮小について(利用自粛の延長のお願い)

更新日: 2020年(令和2年)4月30日  作成部署:子ども家庭部 保育課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

このたび、保育施設の利用自粛につきまして、多大なるご協力をいただいておりますが、現状では感染拡大の急速な収束は見込まれないことから、引き続き保育の提供を縮小し、児童の生命・身体の安全確保に取り組んでまいります。保護者の皆様やお子様には、ご不便をおかけいたしますが、家庭での保育にご協力いただきますようお願いたします。

 

利用自粛延長の期間

令和2年5月7日(木曜)から令和2年5月31日(日曜)まで

(注)6月1日(月曜)以降については、社会情勢等を踏まえて検討します。

利用を控える際の手続き

利用を控える旨を利用保育施設にお伝えください。

利用が必要な事情がある場合

下記のいずれかの要件に該当し、1回でもご利用される場合には、令和2年5月8日(金曜)までに「緊急事態宣言を受けた保育の提供の縮小期間の利用理由書(5月7日から5月31日まで)」を利用保育施設に提出してください。利用が分かる場合には、事前に利用保育施設にお知らせください。

(1)保護者全員が、社会生活を維持するうえで必要な施設など(東京都が休止要請の対象外とした施設)に従事し、かつ勤務日に当たるため、保護者以外の方も含めご家庭で保育に当たられる方がいない場合。

(2)上記(1)以外で、特別な事情がある場合。

(注) 「緊急事態宣言を受けた保育の提供の縮小期間の利用理由書(5月7日から5月31日まで)」は、下記添付ファイルからもダウンロードができます。
(注)上記の要件に該当する方の利用を制限するものではありません。

(注)「東京都が休止要請の対象外とした施設」は、下記の添付ファイルに掲載しております。

保育料・副食費

市の要請に応じ、5月7日(木曜)から5月31日(日曜)までの間、保育施設等を1回もご利用されなかった場合、1ヶ月分の保育料(5月分)を全額免除させていただきます。また、利用理由書を提出した方が、1回以上利用しなかった場合にも、保育料(5月分)を日割り計算しますので、可能な限り利用自粛のご協力をお願いいたします。(手続きについては、後日ご案内いたします。)副食費については、各施設にお問い合わせください。

(注)市外在住の方の保育料の取扱いについては、お住まいの区市町村にお問い合わせください。
保育園利用自粛要請期間延長に伴う保育料の減免措置について(5月7日~5月31日)

 

緊急事態宣言を受けた保育の提供の縮小期間の利用理由書(5月7日から5月31日まで)(PDF 114.3KB)

東京都が休止要請の対象外とした施設(PDF 140.4KB)

東京都の考え方

東京都が示す緊急事態宣言後の保育園等の対応については東京都ホームページ緊急事態宣言後の保育所及び学童クラブ等の対応について(外部リンク)をご確認ください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

保育課庶務担当

電話:042-346-9594

FAX:042-346-9200

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る