トップ > 健康・福祉 > 介護 > 介護保険料 > 新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

更新日: 2021年(令和3年)6月9日  作成部署:健康福祉部 高齢者支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入が大幅に減少したなどの場合、介護保険料の減免が受けられる場合がありますので、ご相談ください。

対象となる方

65歳以上の第1号被保険者で、以下の(1)または(2)のいずれかに該当する方

(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡、または重篤な傷病(1か月以上の治療を要するもの)を負った方

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、次のア・イのどちらの要件にも該当する方

ア 事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。
イ 減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

対象となる期間

令和3年度分の保険料で、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合は特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているもの。

 減免額

上記「対象となる方の(1)」に該当する場合
 全額免除

上記「対象となる方の(2)」に該当する場合
 「減免の対象となる保険料額(注1)」×「減免割合(注2)」=保険料減免額

(注1)「減免の対象となる保険料額」=「保険料額」×「主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額」÷「主たる生計維持者の前年の合計所得金額」
(注2)減免割合

前年の合計所得金額 減免割合
210万円以下 10分の10
210万円超 10分の8
 前年の合計所得金額にかかわらず事業等の廃止、失業 10分の10

(注)前年の所得が0円以下の場合は、減免の対象になりません。

 申請方法等

減免の対象となると思われる方は、状況によりご提出いただく書類が異なりますので、下記「お問合せ先」までご連絡ください。

提出書類

上記「対象となる方の(1)」に該当する場合

  • 介護保険料減免申請書
  • 医師の診断書(新型コロナウイルス感染症により死亡、または1か月以上の治療を要する傷病であることが確認できるもの)や保健所等から交付される措置入院の勧告書

上記「対象となる方の(2)」に該当する場合

  • 介護保険料減免申請書
  • 令和3年分収入(見込み)申告書
  • 令和2年1月~令和2年12月までの収入が確認できる書類(給与明細、源泉徴収票、確定申告書等の写し)
  • 申請時点における令和3年中(令和3年1月~12月まで)の収入が確認できる書類(給与明細、休業届、収入額が確認できる帳簿等の写し)
  • 保険金、損害賠償等により補填されるべき金額が確認できる書類(保険の契約書等の写し)
  • 退職証明書、廃業届、解雇通知書等の写し(事業等の廃業、失業の場合)

申請期限

令和4年3月31日
(注)申請期限を過ぎると申請することができなくなりますので、ご注意ください。

添付ファイル

介護保険料減免申請書・記載例(PDF 157.7KB)
令和3年分収入(見込み)申告書・記載例(PDF 197.5KB)

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階

高齢者支援課介護保険担当

電話:042-346-9510

FAX:042-346-9498

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る