トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 交通安全 > 悲惨な交通死亡事故を起こさないために

悲惨な交通死亡事故を起こさないために

更新日: 2021年(令和3年)1月18日  作成部署:都市開発部 交通対策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

令和2年中の都内の交通死亡事故死者は155名で前年と比較して22名増加しており、47都道府県中最も多くなっています。今年もすでに交通死亡事故が発生し多くの命が失われています。交通事故は一瞬にして大切な命や生活などを奪います。交通安全について一人ひとりが自分の事として考え、「事故に遭わない、起こさない」ために、交通ルールの遵守と安全な行動の実践をお願いします。

令和2年中の交通死亡事故発生状況

(注)警視庁、警察庁の統計資料を基に作成しています。

都内の交通死亡事故死者数

155名(前年比 22増)

都道府県別の交通死亡事故死者数(ワースト順)

  1. 東京都 155名
  2. 愛知県 154名
  3. 北海道 144名
  4. 神奈川県140名
  5. 千葉県 128名
  6. 大阪府 124名
  7. 埼玉県 120名 

全国の交通死亡事故死者数(令和2年中)

 2,389名(前年比 376名減)

 トワイライト・オン運動推進中「早めのライト点灯を」

交通安全情報(トワイライトオン)
警視庁交通安全情報(トワイライトオン)

日没前後1時間の薄暮時間帯は、周囲の視界が悪くなり、お互いの発見が遅れたり、距離や速度が分かりにくくなるため、例年、多くの重大交通事故が発生しています。早めにライトを点灯することにより、周囲の危険を発見しやすくなるだけでなく、自分の存在を周囲に知らせることができ、交通事故防止に役立ちます。また、夜間には、走行用前照灯(ハイビーム)を活用しましょう。

警視庁交通安全情報(トワイライト・オン運動)PDFファイル(PDF 654.2KB)

 歩行者の交通事故を防止するために実践してください

交通安全情報(高齢歩行者)
警視庁交通安全情報(歩行者事故防止)

高齢歩行者の交通死亡事故の特徴として、

  • 歩行者側にも交通違反がある
  • 道路横断中が多い
  • 夜間帯が多い

が挙げられます。歩行者の交通事故を防止するために、

  • 必ず信号を守る
  • 横断歩道は車が止まってから渡る
  • 反射材を身につける

ことを実践しましょう。

警視庁交通安全情報(歩行者交通事故防止)PDFファイル(PDF 601.8KB)

 路上寝込みによる交通事故に注意

交通安全情報(路上寝込み)
警視庁交通安全情報(路上寝込み)

令和2年中の路上寝込みによる交通死亡事故は12件発生しており、前年の2倍となっています。夜間は周囲の視認性が低下するため、歩行者や路上寝込みなどの発見が遅れ事故につながる危険性があります。走行用前照灯(ハイビーム)を活用するほか、何よりも、「道路には危険がある」という認識をもって、危険を予測しながら慎重に運転しましょう。

警視庁交通安全情報(路上寝込み)PDFファイル(PDF 366KB)

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

交通対策課交通安全担当

電話:042-346-9827

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る