トップ > 子ども・教育 > 手当、医療費助成 > 中学生以下のお子さまがいる家庭 > 児童手当 > 子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親世帯分)

子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親世帯分)

更新日: 2021年(令和3年)10月29日  作成部署:子ども家庭部 子育て支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親世帯分)を支給します。

支給要件

支給要件は下記、【養育要件】及び【所得要件】の両方を満たすことです。

 (注)ひとり親世帯分の給付金とふたり親世帯分の給付金を両方受け取ることはできません。ひとり親給付金を支給された方は、支給要件を満たしません。

 (注)子育て世帯生活支援特別給付金(ふたり親世帯分)は世帯に1回の支給です。父と母がそれぞれ受給することはできません。

【養育要件】 

下記、[1]から[5]のいずれかに該当する必要があります

[1] 令和3年4月分の児童手当の受給者(特例給付を含む)

[2] 令和3年4月分の特別児童扶養手当の受給者

[3] 令和3年5月~令和4年3月の児童手当の新規受給開始者

[4] 令和3年5月~令和4年3月の特別児童扶養手当の新規受給開始者

[5] 令和3年3月31日時点において、令和3年度の高校生(平成15年4月2日~平成18年4月1日)を養育する方

【所得要件】

下記、[1]または[2]のいずれかに該当する必要があります。

[1]令和3年度分の住民税均等割が非課税

[2] 令和3年1月以降の家計急変者(令和3年度住民税は課税であるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が住民税非課税並みの水準となっている方)

支給対象者

上記、支給要件を満たす方のうち、小平市からふたり親給付金が支給される方は、所得要件及び養育要件別に以下のとおりとなります。

所得要件[1]に該当する方

 支給要件(養育要件) 対象者
[1] 令和3年4月分の児童手当の受給者 小平市から令和3年4月分の手当を受給した方 
[2] 令和3年4月分の特別児童扶養手当の受給者
[3] 令和3年5月~令和4年3月の児童手当の新規受給開始者  小平市で新規の認定を受けた方
[4] 令和3年5月~令和4年3月の特別児童扶養手当の新規受給開始者
[5] 令和3年3月31日時点において、令和3年度の高校生(平成15年4月2日~平成18年4月1日)のみを養育する方  申請時点で小平市に住民票がある方
 例外 (上記[1]~[4]に該当したとしても)所属庁から児童手当を受けている公務員

所得要件[2]に該当する方

支給要件(養育要件)対象者
養育要件[1]から[5]のすべて申請時点で小平市に住民票がある方

支給対象児童

 平成13年4月2日から令和4年2月28日生まれの児童が支給対象児童となる可能性があります。 

[1]令和3年3月31日時点で、平成15年4月2日生まれまでの児童。

[2]令和3年3月31日時点では生まれていなかったが、令和4年2月28日までに生まれた児童。

[3]特別児童扶養手当を受けている障がい児に限り20歳未満まで。

 支給手続

 ふたり親給付金は、児童手当または特別児童扶養手当の口座情報や、市民税の課税情報を活用し、支給対象者であることが明らかな方には、申請不要で支給します(積極支給)。

また、支給対象者であっても積極支給とならない方は、申請により給付金を支給します(申請支給)。

 積極支給(申請不要)の方

  • 【養育要件】[1]~[4]に該当し、かつ、【所得要件】[1]に該当する支給対象者。

申請支給(申請が必要)の方

  • 【養育要件】[5]に該当し、かつ、【所得要件】[1]に該当する支給対象者
  • 【所得要件】[2]に該当する支給対象者すべて
  • 【養育要件】・【所得要件】が何であれ、所属庁から児童手当を受けている公務員の支給対象者(申請に当たって、所属庁から児童手当を受給していることの証明を受ける必要があります)。

支給額

支給対象児童1人当たり5万円

 スケジュール

積極支給(申請不要)の方

  • 支給対象予定者には、給付金のご案内(「子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)」の支給について(お知らせ))を6月23日に発送しました。
  • 6月30日までに通知が届かない場合は、子育て支援課にお問い合わせください。通知が届かない場合は、給付金を支給することができません。
  • 6月30日(水曜)に、令和3年4月分の児童手当、または特別児童扶養手当を支給している口座に振り込みました。

 ご注意ください

(注)給付金を希望しない方は、6月28日(月曜)(必着)までに、辞退の届出書(PDF 79.8KB)を下記の送付先へ送付するか、子育て支援課窓口へ提出してください。

(注)児童手当、または特別児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座を解約・変更などにより振り込みできない場合は、令和3年12月末までに、口座登録の届出書(PDF 106.2KB)を必ず提出してください。

(注) 児童手当の現況届を未提出の方は、養育要件を満たしていることの確認ができないため、給付金を支給できません。速やかに現況届を提出してください。

(注) 令和3年度の住民税が未申告の方は、所得要件を満たしていることの確認ができないため、給付金を支給できません。速やかに住民税の申告をしてください。

 (注)給付金の支給を受けた後、支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合などは、給付金を返還していただきます。

申請支給(申請が必要)の方

申請書類を、下記の書類提出先へ送付してください。子育て世帯生活支援特別給付金窓口へ提出することもできます。
申請書類、申請の手引きは、以下の資料請求フォーム(東京共同電子申請・届出サービス)から請求することができます。申請書、申請の手引き、返信用封筒一式を郵送で、指定の住所にお送りします。

資料請求フォーム(東京共同電子申請・届出サービス)(外部リンク)

また、以下からダウンロードすることもできます。

(注)「簡易な収入見込額の申立書」「簡易な所得見込額の申立書」に記入する給与収入は、住民税や社会保険料等を控除する前の総支給額を記入してください。控除後の手取りの金額ではありません。

(注)令和3年1月以降の任意の1か月の収入が0円(無収入)の方は、 無収入に関する申立書も提出してください。専業主婦の方などで、元々、就労していないため無収入の方、産前・産後休業、育児休業を取得していて無収入の方も提出が必要です。

(注)7月6日に各書類について一部表記・表示の修正・差し替えを行いました。しかしながら、それ以前の書類で申請していただいても差し支えありません。

申請期限

令和4年2月28日(消印有効)

支給日

審査のうえ、支給が決定した方については、決定通知書を送付します。支給日については、決定通知書に記載しますので、ご確認ください。

書類の提出先

送付の場合

〒187-8701

小平市小川町2-1333

小平市役所 子育て支援課 手当助成担当

窓口提出の場合

子育て支援課 窓口

場所:小平市役所 2階 

受付時間:平日の午前8時30分~午後5時(土日、祝日、年末年始は休み)

 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

次のリンクをご参照ください。

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

子育て世帯生活支援特別給付金(厚生労働省ホームページ)

次のリンクをご参照ください。

子育て世帯生活支援特別給付金(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

お問合せ先

小平市役所 子育て世帯生活支援特別給付金担当専用電話
電話 042(312)1293 (受付時間 平日8:30~17:00)

小平市役所 子育て支援課
電話 042(346)9544 (受付時間 平日8:30~17:15)

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る