トップ > 健康・福祉 > 生活支援 > 新型コロナウイルス感染症関連(市民の皆さま向けの支援) > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

更新日: 2022年(令和4年)8月19日  作成部署:健康福祉部 生活支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金とは

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、社会福祉協議会が実施する総合支援資金の再貸付が終了するなどにより特例貸付が利用できない世帯に対し、就労による自立を図り、また、それが困難な場合には円滑な生活保護の受給へつなげるため、一定の要件を満たす生活困窮世帯に対し、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

最新の情報は以下をご参照ください。(厚生労働省 生活支援特設ホームぺージ)

https://corona-support.mhlw.go.jp/shien/index.html(外部リンク)

(注)申請期限が、令和4年9月30日までに延長となりました。

再支給については、対象となる方に随時ご案内をお送りしております。

対象世帯

以下の1~6の要件をすべてを満たす方

1 緊急小口資金・総合支援金等要件

・総合支援資金の再貸付を借り終わった世帯/令和4年3月までに借り終わる世帯
・総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
・総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯

(令和4年1月以降は、以下も対象)

・緊急小口資金および総合支援資金の初回貸付を借り終わった世帯/令和4年9月までに借り終わる世帯(再貸付を申請中・利用中の場合を除く)

2 生計維持要件

申請月において、世帯の主たる生計維持者であること

3 収入要件

申請月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計が、以下の[1][2]の合算額を超えないこと(月額)
 [1]市町村民税の均等割が非課税となる収入額の1/12
 [2]生活保護の住宅扶助基準額

【参考】

世帯人数基準額
単身世帯137,700円
2人世帯194,000円
3人世帯241,800円
4人世帯283,800円
5人世帯324,800円
6人世帯372,000円
7人世帯417,800円

 4 資産要件

申請時における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する、預貯金及び現金の合計が、上記2[1]の6倍以下(ただし100万円以下)であること

【参考】

世帯人数基準額
単身世帯504,000円
2人世帯780,000円
3人世帯以上1,000,000円

(注)基準額には、債券・株式・投資信託・生命保険・個人年金保険等は含みません。

 5 求職活動等要件

次のいずれかの要件を満たすこと

[1]公共職業安定所(ハローワーク)または地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口に求職の申込をし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

[2]就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと 

(注)令和3年9月21日より、ハローワークの求職登録をオンラインで行うことが可能となりました。

6 その他の要件

・職業訓練受講給付金を受給していないこと

・生活保護を受給していないこと(生活保護を申請して決定を待っている状態の場合は可)

・偽りその他不正な手段により再貸付の申請を行っていないこと

・暴力団員でないこと

支給額(月額)

一月ごとに、以下の金額を申請者の口座に振り込みます。

単身世帯:6万円

2人世帯:8万円

3人以上世帯:10万円

支給期間

3か月

申請手続

対象となる可能性がある方に、申請に関する書類を発送しています。

申請を希望される方は、必要書類を添付のうえ、同封の返信用封筒にて送付してください。

(注)提出資料として、「求職受付票(ハローワーク受付票)」が必要ですが、オンラインでハローワークの求職登録をされた方は紙の求職受付票(ハローワーク受付票)が発行されません。求職受付票(ハローワーク受付票)をお持ちでない場合、求職番号を申請書に記載してください。詳しくは小平市コロナウイルス生活困窮者自立支援金コールセンターへお問い合わせください。

申請期限

令和4年9月30日まで

受給中の義務

受給中は、常用就職に向けた次の求職活動を行い、毎月報告書を提出してください。

[1]月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける

[2]月2回以上(「コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」」により当面の間は、月1回)、公共職業安定所(ハローワーク)または地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口で就職相談等を受ける

[3]原則週1回以上(「コロナ禍における「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」」により当面の間は、月1回)、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける

(注)報告書の提出が確認できないときは支給を停止または中止する場合があります。

(注)個人事業主の方や、すでに就職されている方についても、上記の求職活動を行っていただく必要があります。

問い合わせ先

小平市コロナウイルス生活困窮者自立支援金コールセンター

電話番号 0120-551-780

(注)通話料は発生しません。

受付時間 月曜日から金曜日の、午前8時30分から午後5時15分まで(祝日を除く)

(注)問い合わせが集中した場合、つながりにくくなることがあります。 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター2階

生活支援課支援庶務担当

電話:042-346-9545

FAX:042-346-9498

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る