トップ > ごみ・環境 > ごみ減量とリサイクル > 家庭ごみ有料化・戸別収集 > 令和3年度のごみ量速報値(令和3年度第2四半期まで)

令和3年度のごみ量速報値(令和3年度第2四半期まで)

更新日: 2021年(令和3年)11月30日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

2021年4月から9月までのごみ量についてお知らせします。

小平市では、循環型社会形成の実現を目指し、「意識の変化によるごみの減量や3Rの推進」、「負担の公平性の確保」、「ごみ処理に係る経費の削減」などを目的に、2019年4月1日から「燃やすごみ」、「燃やさないごみ」、「プラスチック製容器包装」の家庭ごみ有料化及び全品目の戸別収集を実施しております。

2021年4月から9月までの6ヵ月間の収集ごみ量を前年同月間で比較すると、約288トン、約1.8パーセント減少しています。 

新型コロナウイルス感染症の影響が続いており、ステイホーム・在宅勤務等も多く実施されている時期でしたが、ごみ量は第1四半期と同様、若干減少する結果となりました。

資源やごみの減量について

燃やすごみを減らすために

買い物前に冷蔵庫をチェックし、食べ切れる分だけ購入する
生ごみを水切りする
雑がみは「雑誌・本・雑がみ」の資源へ分別する

燃やさないごみを減らすために

陶磁器食器はリサイクルセンターやリサイクルきゃらばんなどの拠点回収に出す
小型家電を回収ボックスに出す

プラスチック製容器包装を減らすために

マイバッグを使用する
トレイやペットボトルなどはお店の回収ボックスに出す

 今後も引き続き、さらなるごみの減量に向けて皆様のご理解とご協力をお願いします。

燃やすごみの収集ごみ量

 燃やすごみの量は、2020年4月から9月までに比べ、約123トン、約0.9パーセント減少しています。

 燃やすごみ

  燃やすごみは、雑がみを資源として出すことや生ごみの水切りを行うことで減らすことができます。

燃やさないごみの収集ごみ量

 燃やさないごみの量は、2020年4月から9月までに比べ、約141トン、約15.0パーセント減少しています。

 燃やさないごみ 

  燃やさないごみを減らすため、陶磁器食器や小型家電の拠点回収もご利用ください。

 詳しくは陶磁器食器の拠点回収小型家電の拠点回収のページをご確認ください。

プラスチック製容器包装の量

 プラスチック製容器包装の量は、2020年4月から9月までに比べ、約2トン、約0.2パーセント減少しています。

 プラスチック製容器包装

  今後プラスチック製容器包装を減らしていくためにも、マイバックの持参やトレイなどの拠点回収の利用など、皆様のご協力をお願いします。

お問合せ先

〒187-0031 
小平市小川東町5-19-10 小平市リサイクルセンター1階

資源循環課

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る