トップ > 健康・福祉 > 健康 > 新型コロナウイルスワクチン接種体制 > 新型コロナウイルスワクチン接種証明書(電子版)の発行について

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(電子版)の発行について

更新日: 2022年(令和4年)12月28日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)とは、予防接種法に基づいて、小平市で実施した新型コロナウイルスワクチンの接種記録を被接種者からの申請に基づき、交付するものです。

紙の証明書については、新型コロナワクチンの接種証明書(紙)の発行についてのページをご覧ください。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(電子版)の発行について

対象者

新型コロナウイルスワクチンを接種済みで、発行を希望する方

利用方法

スマートフォンで接種証明書アプリをダウンロードし、電子申請します。電子申請後、VRS(ワクチン接種記録システム)から二次元コード付き接種証明書が電子交付されます。

  1. スマートフォン(iOS 13.7以上または、Android  8.0以上)で接種証明書アプリをダウンロード(無料)
  2. マイナンバーカードと4桁の暗証番号(マイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字)で申請
  3. (海外渡航用の方のみ)パスポートのMachine Readable ZoneのOCR読取(パスポートの情報をアプリで読取))
  4. 紙媒体と同等の内容(漢字氏名、ローマ字氏名、生年月日、国籍・地域、旅券(パスポート)番号、接種日、ワクチン名・メーカー名、ロット番号、接種国、発行者、証明書ID、発行日)の二次元コード付き接種証明書で交付

接種証明書アプリの情報については、デジタル庁のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

必要なもの

  • マイナンバーカード
  • 券面事項入力補助APの4桁の暗証番号(マイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字)
  • マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末のスマートフォン(iOS 13.7以上又は、Android 8.0以上)
  • パスポート(海外渡航用の場合のみ)

マイナンバーカードの取得については、マイナンバーカード(個人番号カード)の申請の流れをご確認ください。

海外渡航用の証明書を希望される方へ

 入国時等において接種証明書が利用可能な国について

外務省ホームページ(海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧)(外部リンク)より、ご確認ください。

入国制限等について

外務省ホームページ(新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置)(外部リンク)より、ご確認ください。

制度に関する問合せ先

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号
0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間
午前9時~午後9時(土曜・日曜日、祝日も受付)

お問合せ先

小平市コロナワクチンコールセンター
(月曜~土曜日(祝日を除く)午前9時~午後6時)
電話:0120-985-365

ただいま、電話番号の押し間違えによる間違い電話が多発しています。電話番号をよく確認してから電話してください。
新型コロナウイルスワクチンに関するお問い合わせが殺到しておりますので、メールでの個別のお問い合わせへの回答を差し控えさせていただいております。
何卒、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る